見出し画像

フリーランスを終えて、会社をはじめました

たけしです。こんにちは。ここ数年ブログを書くのが億劫で、最近は TwitterFacebook すらあまり投稿せず、Instagram に日々の写真をアップして、それを IFTTT で各種 SNS にも流して、生存報告をしています。

プロフィールは Note の記事にしました。生い立ち(らしきもの)も書きましたので、よろしければお読みください。

仕事のこと

2001 年から 17 年ほどフリーランスで web 制作をしています。最近の案件のほとんどは WordPress を使ったサイト構築で、テーマ(テンプレート)をデザインしたり、機能をカスタマイズしたりするお仕事が多いです。一応 VPS やクラウドで web サーバーを構築したりもするので、デザインも出来る web 開発者、と言う感じです。

「ひとり」の壁

フリーランスでやるということは、多くの時間は一人で仕事をすることになると思います。会社と違い、同僚という存在は基本的にいません。気軽に相談したい時の相手もいないですし、ふと会話の中からアイディアが浮かんだりするようなことも、そもそも会話がないのでありません。

個人的な話で、今年ご縁あって常駐で働かせていただいた会社があったのですが、この時所属こそ違うものの、仕事仲間と一緒に働く体験を久しぶりにしました。これがなかなかよくて、プロジェクトの風通しがよく、コミュニケーションがスムーズです。諸々の事情で常駐は終わりにしたのですが、やはり(比喩として)同じ釜の飯を食べる仲間でチームを作って仕事するのはいい、うらやましいと思いました。

チームを作る、会社を作る

単にチームで仕事をするならば、会社を作る前から、フリーランス同士でチームを作って連携しながら仕事を始めてしまう、という選択もあり、実際そうされている事例もあります。ただ、今回自分としては、会社を作り、責任の所在を明確にすることで、デザイナーやエンジニアが少しでも安心して参画でき、また顧客に対しても信頼しやすく、気軽に発注できる仕組みにしておきたかったのです。

会社を作るという構想だけは何年も前から漠然と持っていて、調べ物はいろいろしていたのですが、動いたのは今年の秋に入ってからのことでした。最近はフォームを埋めると書式がダウンロードでき、設立準備から登記まで手軽に出来るサービスがいくつかあって、それの一つである「マネーフォワード 自分で会社設立」を使って、合同会社用の電子定款だけ行政書士に作成依頼をし、あとは自力で手続きを行いました。一発で登記出来てしまったので、正直あっけなかったです。

五里霧中でも、前に進む

ひとまず会社は設立出来たわけですが、単に設立しただけでは何の意味もなく、本で例えれば、小説の前書きが終わって本編にやっと入るくらいの段階です。どこまで続けられるかは正直私にもわからないですが、短編小説のように、すぐ会社を畳むことにならないよう頑張りたいと思います。

なお、弊社では WordPress を使った web サイト構築のご相談を絶賛募集中です。また、パートナーとして協業していただける web デザイナー、エンジニアの方もお待ちしております。こちらの募集は近日公開予定です。何卒よろしくお願いいたします。

〈この記事はフリーランス Advent Calendar 2018 の第 1 日目の記事です。第 2 日目は @yu_s_1985 さんの「フリーランスになって2年半を振り返る」です。〉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです!
16
五十嵐武志: Web開発者🛠&デザイナー📐。うっかり会社を立ち上げてしまった元フリーランサー。75年度静岡県産。旅とネコとカピバラを愛する、大人しい性格。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。