見出し画像

今ある苦痛は新たな喜びの種

惨めで、情けなくて、消えてしまいたくなる時、ぼくは『ファイト・クラブ』を観返す。
今抱えている想いを忘れようと、消し去ろうとするのではなく、噛み締めようと思えるから。

逃げていたって、どうせすぐにまた追い付かれる。
それならば、認めてしまった方が良い。
しんどいけど耐え抜くことさえできれば、次に同じ波が来た時には揺らがずにいられる。
少しだけかもしれないが、強い自分になれる。

タイラー・ダーデンのようにはなれないけれど、自分一人で頑張ろう。

#ファイトクラブ #マイバイブル映画
#タイラーダーデン
#エドワードノートン #ブラッドピット
#デヴィッドフィンチャー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
WOWOW・sweetでの連載の他、映画board・文春オンラインなどで映画を紹介。各種web・雑誌(anan、BRUTUSなど)への寄稿、映画祭審査員、ラジオ・イベント・映画のカメオ出演など幅広く活動。『GO』『ファイト・クラブ』『男はつらいよ』とウディ・アレン作品がバイブル。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。