Macのある風景

わたしのお仕事

先日、所属するでんこラボ内で、自分の仕事について発表する場がありました。個人で受けてきた仕事について話すことは、これまでしてきたことを振り返るいい機会になりました。ラボメンバーに「発表内容を、noteに書いてみては!」と勧められ、まとめてみたのがこのnote。

現在はグラフィックデザイナーとイラストレーターとして活動していて、印刷系のデザインをお受けしています(リーフレット・カード、マーク等)。イラストレーションも描いています。デザイン会社に勤務しながら、徐々に個人でもお仕事をお受けすることが増えてきました。


絵を描き始めたこと

2013年の春、築地のパレットクラブスクールに入学しました。週末だけの学校で、会社員をしながら1年間だけ通いました。
その少し前くらいから、絵を描いて妻に送っていて、絵に対する興味が大きくなっていた時期でした。

絵手紙

あれ?描くって楽しいぞ?

もともと中学生くらいまでは図工で絵を描くのが好きでした。この当時から絵を描くつもりもないのにペンタブレットを持っていたので(何となくかっこいいからです)、パソコンで絵を描いていた日々。

http://www.pale.tv/

パレットクラブの校長は原田治さん。「原田治さんや安西水丸さんに会えるんだ〜」くらいな安易な気持ちで入学を決めました。

ここは技法を学ぶ学校ではなく、イラストレーターの世界を見せてくれる場所。クラスメイトはずっと絵を描いてきた人や、夜行バスで通う人などけっこう気合が入っているように感じて、最初の頃はドキドキしながら通っていました。講師の方々、スタッフの方、一緒に学ぶ仲間。いい出会いがあったから、続けることができました。

↑今回のために振り返っていたら、原田さんとの写真が残っていました!

トースト

卒業制作の絵は、谷川俊太郎さんの「ぱん」という詩をもとに描いたトースト。


代々木デッサン会

パレットクラブを卒業するくらいの時期にしばらく、代々木デッサン会に行くようになりました。きっかけはパレットクラブの友人から聞いたこと。ここは人物を描きたい人が集まるところで、毎週土曜日の活動は、昨年10周年を迎えたそうです。
主宰の北村範史さんにお会いしたことが、個人で仕事を受け始めた原点。北村さんからDMデザインを依頼されて、「依頼を受けていいんだ」という当たり前のことに気づき、「自分に頼んでくれる人がいる」という嬉しさがありました。イラストレーター・フォトグラファーとして活動されている北村さんに仕事をお願いすることも、私の目標の一つです。

画像2

デッサン会のメンバーと一緒に、こんな展覧会もしました。


初めての個展

初めての個展は表参道のOPAギャラリーで開催しました。この時期に、今後どんな仕事をしたいか問われて「故郷長野に関わる仕事がしたい」ということに気づきました。その気持ちを大切に、「長野県について調べて描こう」と思い立ち、個展のテーマにしました。
見たことも食べたこともない郷土料理を求めて、実際に現地に行ってみたり、取り寄せたり。県庁にも宣伝のご協力をお願いして、これらの経験がとても楽しかったです。

いただきました信州


雑誌で初めてのお仕事

個展のDMを出版社やデザイン事務所に発送していて、それがきっかけで頂いた初めての仕事が、マガジンハウスの「Hanako」。絵の仕事としてはこれが初めてのもの。発信すればちゃんと伝わるんだと思った体験でした。家族など遠く離れた場所でも、手にとってもらえることがとても嬉しかったです。

画像1

コンペティション

仕事とは直接関係ないけれど、イラストレーター向けのコンペティションに色々応募し始めたのもこの頃。

イラストレーター界隈の人にしかあまり知られていませんが、出したことがあるものでも、ザ・チョイス、TIS公募、ギャラリーハウスマヤ 装画コンペ、HBギャラリー File Competition、ペーターズギャラリーコンペ、東京装画賞。他にも絵本向けのものなど、世の中には色々なコンペティションが溢れています。

こういった機会を、仕事につなげる方も多くいらっしゃいます。私はそこまで熱心に応募していたとは言い難いのですが、それでも一定量を描く習慣づけにもなって、コンペの機会を利用していました。難しいのは結局何を描くか。テーマが自由なことがほとんどで、毎回自分の中にルール(白い物を描く、文房具を描くなど)を定めて描いていました。

ズボン

1番最初に出した作品。タイトルをつけるのは毎回不得手で、こちらはずばり「ズボン」。


3人展

パレットクラブスクールの同級生2人と取り組んだのが3人展。これが最近のお仕事に繋がっているかな?という印象です。

元々は憧れの先輩方が、続けて展覧会(五人展3人展せっかくだから3人展)をしていることに憧れていました。

先輩方はわりと自由なテーマ設定で描かれていて、僕らはもう少しコンセプトを固めた感じでやろうということになりました。前年は青い絵だけを描く展覧会。2回目に「クラフトビール×地元」という括りで、実際の企業とつながる形で開催。それぞれが取材をして、最終的にイラストルポにまとめる。会期途中にビールメディアに取り上げていただいたこともあって、この展覧会では色々なつながりが生まれました。ビールってすごい!

ビールつながりで生まれたお仕事を一部ご紹介します。

●よなよなエールのヤッホーブルーイング

画像7

画像8

画像9

ヤッホーブルーイングでは、色々とリーフレットなど宣伝物などを担当させていただいています。

●ビール女子

画像15

ビール女子では、年賀状を描いたり、バナーを作ったり。

●あおにさい酒店

あおにさい

あおにさい1

あおにさい2

あおにさい3

個人でビール活動をしている工藤葵さんとも色々ビールにまつわるものを制作しました。

終わりに

これからしていきたいのは

●故郷・長野にまつわる仕事
●食べ物を描く絵の仕事

今年はこれを目指して活動していきます。もちろんこれ以外も、楽しいお仕事どんどんしていきたいです。

HP・連絡先

https://www.takumiwonderland.com
takumiwonderland at gmail.com
お仕事のご依頼、ご質問などお気軽にお問い合わせください。
作品ファイルの郵送もおこなっております。

noteでは他にこんな記事を書きました。

▶︎プロフィール

▶︎北信濃復興プロジェクト

▶︎でんこラボビジュアルリニューアル





この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
14
1982年長野県長野市生まれ。イラストレーター/グラフィックデザイナーとして活動中○ https://www.takumiwonderland.com/ ○オンラインコミュニティ「でんこラボ」所属 ○趣味はバスケットボール/ビール/チーズ/gifアニメーション
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。