new! ドングリ.fm Tシャツ
見出し画像

new! ドングリ.fm Tシャツ

竹内 巧 / 竹プロ

ちょっとレトロで戦隊モノっぽい、そんなデザインのTシャツを作りました。

【青×黄】https://suzuri.jp/dongurifm/3894466/wash-t-shirt/s/white

【桃×緑】https://suzuri.jp/dongurifm/3894684/wash-t-shirt/s/white

ドングリ.fm Tシャツの作り方

オリジナルグッズを作って販売できるSUZURIが最近🔥夏のTシャツセール🔥をしていて、通常期の1,000円オフで購入することができました。セール最終日の昨日夕方、「セール中だから、ちょっと変なTシャツ作ったら面白いのでは?」と思いつき、Podcast番組ドングリ.fmのグッズとして急遽リリースすることに。

所属している「裏ドングリFM」でも意見を伺いながら、セール期間中に間に合うよう約3時間で完成!ここで後押ししてもらわなければ、実現しませんでした。

思いついてから販売までのスピードが速くて面白かったので、制作過程をまとめてみます。SUZURIを使うのも初めてで楽しかった!

制作過程

作り始める時のイメージは「ちょっとレトロな雰囲気」で「古着屋にありそう」で「ブロックっぽい」感じ。これまでのドングリ.fmロゴとは真逆の骨太なものを作ってみたくなりました。

ドングリfm_horizontal

こちらが公式ロゴ。

画像1

1)イメージに合ったフォントを探す。骨太でユニークなロゴJrブラックを参考にした。


画像2

2)遠近感を意識しながらアウトラインを作成。


画像3

3)パース線を描いていく。


画像10

4)バース線を整理して塗ってみる。渋目の配色で試作。ここまではipadのProcreateで作業。


画像4

5)このページから入稿用のテンプレートをダウンロード。Adobe Illustratorにラフのデータを配置してトレース。線と線が交わる部分を細かくチェックしつつ作業を進める。一番長く時間を割いた工程。


画像5

6)Adobe Photoshopにデータをうつして、色味調整とテクスチャを入れる作業。かすれてちょっと劣化したイメージに。


画像6

7)カラーバリエーションも作成。どちらの案も鮮やかすぎない渋い配色とした。


画像11

8)今回想定していたTシャツのボディは、ウォッシュTシャツ。古着のような風合いで、少しレトロな雰囲気を目指した。


画像7

9)SUZURIの「グッズを作る」ページから、書き出したPNG画像をアップロードして、位置の微調整を繰り返す。


スクリーンショット 2020-06-09 9.47.34

10)データをアップロードすると、いろんなアイテムですぐシミュレーションできるのがSUZURIの醍醐味。パーカーかわいい。


画像8

11)完成!現物は約2週間で到着予定。届くのが楽しみ。

SUZURIは簡単で楽しかった

去年から時々、Tシャツを作る機会が出てきました。これまでは印刷会社に発注し、数量を計算しつつ適切な印刷方法を選んでいたのですが、SUZURIのシンプルな工程には驚きました!

印刷会社の方とやりとりしながら細かくこだわって詰めていく作業も好きだし、SUZURIのように気軽に作れる仕組みも可能性が広がる。

そんな楽しいTシャツ作りでした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
竹内 巧 / 竹プロ
長野県長野市生まれ。イラストレーター/グラフィックデザイナーとして活動中○ https://www.takumiwonderland.com/ ○趣味はバスケットボール/ビール/チーズ/gifアニメーション/ドングリFM