見出し画像

いつかをいまに #でんこラボ

実行力」をテーマに始まった第2期でんこラボが、昨日3月31日をもって終了しました。
私は当初どちらかというと「実行」のことは特に考えておらず、テーマよりもそこに集った人たちに惹かれて参加することになりました。

でんこラボってこんな場所

ラボには「実行」について考える仲間がいます。向き合う課題は人それぞれ。小さなことから大きなことまで、やってみたことをメンバー同士報告し合います。
実行したことを報告して、認めあう。そして感化され、「じゃあ私も!」と行動することに勇気をもらう。この関係性こそが、でんこラボのベースでした。

またゲストを招いてお話伺ったり、メンバー同士話し合う機会も定期的に開催されました。色々な角度から実行のヒント得たり、自分の視野が広がるような体験がいくつもありました。

私の実行したこと

noteをはじめた!写真、動画に取り組んだ。
◯入って一番やりたかったこと、でんこラボロゴの作成。
 自分が中心になり、みんなと制作できて楽しかった!
◯自分のこれまでの仕事の発表。
 人前で語るのは緊張したけど、嬉しかった出来事。
カスタム絵文字を作りまくる!(もはや趣味)
◯反応し積極的にメンバーに関わる!これを1番大事にしていた。
◯他にも色々!

刺激も多く楽しかった日々。
ある日、
「竹プロは人のことに対しては速く、熱心にやってくれるよね。でも自分のことになると遠慮しているところがあるんじゃないかな?本当にしたいことはどんなこと?
という言葉をもらいました。
 
今まで意識していなかったけれど、その指摘には深く考えさせられました。たしかに自分は人のためならばよく動くし、それを好きで楽しんでやっていて。反面、みんなが自分のため動いてくれる状況、となると少し引っ込んでしまう…。

これを「自分のことはいいから意識」と名付けてみたのですが、それが自分の可能性をブロックしているように思えました。
自分が目立つこと、注目されるを避けたり、照れたり、、、。遠慮したり、、、。

自分のことを後回しにする意識が、やりたいことがあっても表現してなかったり、周りに伝わってなかったりという状況を作っているのかもしれない。 

これは、もったいない!
自分では気づけていなかった。

「自分のことはいいから意識」

先日、ラボのメンバーに「自分のことはいいから意識」についてアドバイスをもらいました。ネガティブな意識に名前をつける。そして、心の中にふと持ち上がってきたときにちゃんと「あ、アイツが出てきたな」と認める。認めたうえで、どう動くか決める。この「ちゃんと認める」という部分に、ハッとしました。
あるものはあるものとして受け入れる。
そこから、自分のための行動をもっと起こしていきたい!と思ったのです。

これからしたいこと

今後していきたいことの一つに、故郷長野に関わるデザインや絵のお仕事をしたい!というものがあります。
一歩踏み込んで、今年は長野で個展をしようと計画しています。

でも、もっと根本的なところとして、自分を広めていく活動にも力を入れたい。尊敬する人たちとも仕事をしていきたい。

自己完結するのではなく、ラボの仲間や先輩や友人、まわりの人々を巻き込んだり頼ったりしてやってみたい!そう思っています。

おわりに

私の考える実行力、それは「自分の枠を出て、一歩踏み出す人との関わり」。
その先には自分でも想像を超えた可能性が広がっている!そんな風に思えるようになりました。

私の実行そのものだったでんこラボ。

みんなありがとう!
タイトルの「いつかをいまに」という言葉、とても大切な言葉です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!
7
1982年長野県長野市生まれ。イラストレーター/グラフィックデザイナーとして活動中○ https://www.takumiwonderland.com/ ○オンラインコミュニティ「でんこラボ」所属 ○趣味はバスケットボール/ビール/チーズ/gifアニメーション

この記事が入っているマガジン

でんこラボメンバーマガジン
でんこラボメンバーマガジン
  • 34本

でんこラボに参加しているメンバーの投稿をまとめたマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。