見出し画像

デザイナーのための最適なデザイン業務委託契約書のひな形と解説【商用利用可能/著作権譲渡型/メールサポート付き】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

デザイン案件をクライアントから受注する際に最適な、著作権譲渡型のデザイン業務委託契約書のひな形です

デザイナーがデザイン案件(ロゴ、ロゴガイドライン、イラスト、リーフレット、その他デザインコンテンツ制作等)をクライアントから直接受託する際に最適な契約書のひな形です。正直「秘伝」級のノウハウなので公開は迷いましたが、その分きっと多くの方のお役に立つものだと思います。

必要事項を編集すれば、すぐに使うことができますから、お急ぎのときも便利です。すぐに取り掛かれるよう、記事本文だけでなく、編集可能なWordファイルをダウンロードできるようにしました。さらに、安心してお使いいただきたいので、ご不明点はメールでご質問いただけます。

コンテンツ制作の業務委託に幅広く使える

制作するデザインの詳細(内容、形式、諸条件)を記入できるようになっています。また、納期や支払条件についても明確にできる内容です。修正回数の指定などもできるようになっているので、これらの規定により、発注内容についての期待のずれ、認識のギャップが起こりにくくなります。

著作権はクライアントに【譲渡】するタイプです

デザインコンテンツの著作権をクライアントに譲渡するパターンの契約になっています。譲渡せずに、権利をデザイナーに残す場合もありますが、その場合は別のひな形になります。

参考
デザイン業務委託契約書のひな形【利用許諾型】


万が一の際のキャンセル料の設定が可能

比較的時間のかかる案件の場合、制作途中でクライアントから依頼を中断されることも、可能性としてはあり得ます。この場合に、デザイナーからどの程度報酬を請求できるのかは、曖昧になりがちです。
そこで、案件の完成前に契約が解除された場合の報酬も、契約時点である程度ルールを合意しておいた方が、実際にそうなった場合に請求しやすくなります。ひな形にはキャンセル料の条項があり、任意の料率(%)を設定することができます。

依頼の追加など、内容変更による報酬の増減についても規定

クライアントが途中で制作内容を変更したり、追加したりした場合には、必要に応じて報酬も変更しなければなりません。そこで条項にもこの点を盛り込むことで、あらかじめ報酬の変更があり得ることを、当事者間で確認することができます。

ポートフォリオとしての利用に対応

任意の条件ですが、制作したデザインを、デザイナー側がホームページなどに自分の「実績」として公開することについても、契約時点でクライアントの承諾を得ておく方が安心です。ひな形にはポートフォリオとしての利用を承諾する条項がありますから、必要に応じて事前にクライアントの承諾を確認しておくことができます。

二次的な利用についても明確にできる

これも任意ですが、クライアントにデザインを提供(利用許諾)した後、デザインの利用方法や媒体を、ある程度制限したい場合があります。制作したデザインの転用、他の媒体への利用、翻訳など、契約時点では想定していない使い方に関して、あらかじめ契約で制限することもできます。

このひな形に含まれている条項

この契約書のひな形には以下の条項が含まれています。
第1条 (業務の委託)第2条 (納入)第3条(検品)第4条(契約不適合責任)第5条 (権利の帰属)第6条(ポートフォリオとしての利用)
第7条(対価)第8条(報酬の追加又は変更)第9条 (キャンセル料)第10条(期間)第11条(譲渡禁止)第12条(損害賠償)第13条(解除)第14条(準拠法及び合意管轄)第15条 (協議)署名欄

【重要】メールサポートについて

早速以下のひな形をコピーするか、Wordファイルをダウンロードして、編集してお使いください。安心してお使いいただくために、記事ご購入者限定でメールサポートをさせていただいています。こちらのひな形活用に関して何か分からないことがありましたらどんなにささいなことでも、記事末尾の「お問い合わせ専用フォーム」から申し付けて下さい。
ひな形はあくまでもひな形であり、個々にカスタマイズしてはじめて使えるようになります。なので、カスタマイズがうまくできているか分からないなど、ご心配な方は「ぜひ」メールサポートを最大限に活用してください。

■デザイン業務委託契約書のひな形

以下がひな形です。発注者(クライアント)を「甲」、デザイナーを「乙」としています。編集してお使いいただけます。

                                  デザイン業務委託契約書

【クライアント名称 株式会社〇〇〇〇】(以下「甲」といいます。)と、【デザイナー名称〇〇〇〇】(屋号・フリーランス名・法人名等)(以下「乙」といいます。)とは、(ロゴ作成/イラスト作成/デザイン作成)業務の委託に関し、本日以下のとおり契約を締結します。

第1条 (業務の委託)
 甲は、乙に対し、以下の【ロゴ/ロゴガイドライン/イラスト/リーフレット等】(以下「本件著作物」といいます。)の作成業務を委託し、乙はこれを受託します。

                                               記
 (1)目的、仕様:(〇〇向けブランドロゴ、〇〇の用途のパンフレット、別途定める仕様書によるイラスト〇点、等)
(2)サイズや形態:(データ形式、ページ数、画像の枚数等)
(3)資料等:(参考資料、ラフ、イメージ、指示書、その他の定義や約束事)
(4)その他の条件:(修正回数の制限等)
(デザイン成果物を定義するため、必要に応じて、仕様書や説明書を作成して別紙として添付します。)

第2条 (納入)
 乙は甲に対し、本件著作物を、以下の方式によって、令和〇年〇月〇日までに(または「別途甲乙間で定める日時までに」等)、甲に対して納入するものとします。
                 記
(Word、PDF、JPEG、psdデータ等)にて、甲が指定するオンラインストレージ上にアップロードする(または「甲が指定するメールアドレス宛に本件著作物のファイルを添付してメール送信する」等)方法

第3条(検品)
甲は、乙より本著作物の納入がなされた日から〇営業日以内に、納入された本件著作物の検査を行うものとし、また、その検査結果について、検査を行った日から〇営業日以内に乙に通知するものとします。
2 乙により本件著作物の納入がなされた日から〇営業日が経過しても、甲が乙に対して、前項に基づく通知をしない場合には、本件著作物が前項所定の検査に合格したものとみなされ、納入が完了するものとします。

(Wordファイルはこのページの下部からダウンロードできます。)

この続きをみるには

この続き: 2,603文字 / ファイル1個

デザイナーのための最適なデザイン業務委託契約書のひな形と解説【商用利用可能/著作権譲渡型/メールサポート付き】

竹永 大 / 契約書のひな型と解説

5,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
竹永 大 / 契約書のひな型と解説

もしこの記事が少しでも「役に立ったな」「有益だな」と思っていただけましたら、サポートをご検討いただけますと大変嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

竹永 大 / 契約書のひな型と解説
1973年東京生まれ。平成15年から契約書専門の行政書士。著書2冊「わかる!使える!契約書の基本」(PHPビジネス新書)「契約書の読み方・作り方」(日本能率協会マネジメントセンター)。ホームページ https://www.thebestagreement.com/