見出し画像

カプセルホテルをハックする(1/11連泊中)

ちょっとしたコスト意識と大きな好奇心から「カプセルホテルで11連泊したら何かを見つけることができるのではないか」となり、やってみました。

11日目にまとめて書こうかと思いましたが、1泊ずつ、感想書いていきます。(自分でも11日目にどんな変化があるのか全く想像がつきません)

◆入室フローと施設概要

フロントで受付、11連泊に対して先方も若干引きながら施設の説明。基本的に部屋・ロッカー(カプセル)はずっと一緒(そりゃそうか)。ただし、毎日翌日朝にフロントにて「宿泊手続き書」を手書きで提出する必要あり(基本的には領収書や連泊しているのかどうかと言った仕組みが十分には無く、1日ごとでしか対応できる仕組みになっていないためらしい)
パジャマ、タオルはついておりフロントで渡される。(それ以外は原則有料)


シューズロッカーにシューズを入れると、なんだか「もう、いよいよここからは翌日まで外出してはいけないのでは」という心理になる。


2階が更衣室・ロッカーで3階が大浴場(サウナ付き)、4階がレストルーム(マッサージチェアが数台とテレビ)、それより上の階に各部屋があり、各階に自販機、洗面所、お手洗いが共用であります。結構上の階まであり、かつ1台しかエレベーターはないため、2階3階の行き来は非常階段が圧倒的に早い、というかそうしないと無理。

1泊目

新鮮味あり。つい大浴場、サウナ、水風呂を満喫して長時間過ごす。カプセル内に扇風機っぽいものがあるが、つけても音だけして特に風は送られてこない。換気扇?あと、エアコン無いので入ってすぐはいいが、朝方は暑い。上級者は少しだけ部屋の仕切りを開けて寝ていたが、何かそれは嫌だったので耐えた。暑い点はあるが、それ以外は特段不便なし。

1泊目はこれで終了。うん、ネタが無くなる気が今からしてならない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
3
Technology for Sales 勘と根性の営業を、テクノロジーで進化させる「ベルフェイス(bellFace)」の経営企画室長兼PdMやってます。セールス出身PdMとして、世の中のセールスの常識を変えていきます。モノづくりと組織づくりがメインミッションです。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。