見出し画像

きみがそこにいるだけで、ぼくは安心するんだよ

 きみがそこにいるだけで、ぼくは安心する。

 しんどいとき、つらいとき、ふと目をやると、きみはそこにいてくれる。ぼくはふいに手をのばす。きみはいつも、同じように応えてくれる。

 だから、ぼくはきみが好きなんだと思う。

 ……いきなり、なんのことかって?

 ポテサラのことに決まっている。

 ポテサラの多くは「付け合せ」として登場する。お弁当の隅っこでおとなしそうに座っている。

 ポテサラは、ハンバーグや唐揚げ、焼き肉といった輝かしい主役たちの「おまけ」として登場する。なかなか主役にはなれない。「ハンバーグ弁当」はあっても「ポテトサラダ弁当」は聞いたことがない。きみの名前が前に出ることは、なかなかない。

 でも、ぼくはわかっている。主役よりも魅力があるきみの価値を。きみのありがたさを。きみの貴重さを。カロリーや油に疲れた人びとはみな、無意識にきみを求めるんだ。濃い味に飽きてきたころ、そのまろやかさに人びとは癒やされる。

 だから、そんなに恥ずかしがらなくていい。もっと堂々としていていいんだ。主役のためにきみがいるんじゃない。きみがいるから主役も輝くのだから。きみがいなければ、きっと舞台は成立しない。 

「ポテサラ」とひとくちに言ってもいろいろある。

 小洒落た店で出てくるような燻製卵を乗せた「ラグジュアリーポテサラ」。ハム、きゅうり、玉ねぎが入った「お母さんポテサラ」もある。ときに、リンゴやみかんを入れた「親戚の家ポテサラ」もある(これは賛否両論だ)。

 どのポテサラも魅力的だ。正解はない。それぞれの答え、それぞれの正義。そう、ポテサラは人類に多様性の大切さをも教えてくれる。

 ただ、やはりぼくが好きなのは、弁当や定食の端っこにちょこんと居座る、あのポテサラだ。あのポテサラが心のふるさとなのだ。

 ときにポテサラはコンビニ弁当のなかにいると、主役と一緒に無慈悲にあっためられてしまうことがある。でも、文句ひとつ言わずに湯気を出す。切ない。なんと健気な存在なのだろう。

 ポテサラは主張しない。謙虚だ。しかし、しっかりとその役目を果たし、今日もぼくらを癒やしてくれる。ポテサラはぼくらに勇気をくれる。主役じゃなくたっていい。どんな人生だっていいじゃないか、と。

 今日もがんばるよ、ポテサラ。

 今日もありがとう、ポテサラ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。スーパーでお弁当を買うときに追加でポテトサラダも買うことができます。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!!
76
株式会社WORDS代表取締役。『メモの魔力』(前田裕二)『実験思考』(光本勇介)『段取りの教科書』(水野学)『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)など書籍の編集・執筆。「週刊文春」「ハフポスト」などでも執筆。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。

こちらでもピックアップされています

#エッセイ 記事まとめ
#エッセイ 記事まとめ
  • 781本

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。

コメント (1)
わたしもポテサラが好きです。
バナナとポテサラ、海苔とポテサラの相性も良いです◎個人的にはオススメです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。