見出し画像

もの語り「日本創生」〜口上(終)

どれだけの月日に及んだのか、「とりあえず」の見本のようになってしまった、そんなことの語りの「日本創生」、なん、素描はおろかそれ以前の荒描きかな、多分おそらくその最終の投稿が新たな企画の始まりになるやと、予感が満ちて予期となり、さて、と思うや否や未だ予定も定かに固まる間もなく、早、気持ちは翔けるよロードマップを見開いて、先ずは関東北域からだと、社寺遺跡巡礼はもとより今度は観光地巡りも取り入れて、ネットで賑わう外国人そのジャパン・ウオッチャーに負けてなるかと、そうそう、note 君、そのタイトルは「日本創生」の各論というわけではないけれど「列島探訪・諸国編」とでもなるかしらん。

とは言えしばし時間を頂いて 「note ウオッチング」の散策をと、そう、全然やっていなかったのだ「入会」当初は別にして、人様の作品の魅力に浸り刺激過剰になる前に60有余年の蓄積を耕してこれまでの己の経験内から先ずは産み出してみましょうと。

そんな素人オジンの拙文駄文にアナ恥ずかしや幾つもの❤️をいただきながらも、ありがたく頂戴するばかりでお返しの手間もかけずに失礼の段、ここに謹んでお詫び申し上げあらためて御礼に額をつく次第であります。

平成30年7月吉日
note 正中位下勲下等 タカッチ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
人生の総括を、ささやかでも、創作のフォルダに納めて奉り、もって、旅立たん