見出し画像

ロックンロールは鳴り止まないっ

 衝撃。そんな陳腐な語彙では到底表現し切れない、まさにビッグバンにも似た脳内大爆発に、僕はわなわながたがたと四肢を震わせた。

 冬で、20代半ばで、半ニートだった。

『最近の曲なんかもうっ! クソみたいな曲だらけさああああっ!』

 都内某ライブハウス。汗とヨダレと得たいの知れない汁が迸る、光に満ち満ちたステージ。そのド真ん中で、数千人の観客の前で、スクワイア・ジャグマスターをギャギャギャギャギャーンと掻き鳴らし、鬼気迫る表情と共に「ロックンロールは鳴り止まないっ」を絶唱する華奢な色白青年を、僕は酸素の薄い最前列付近から、確かにこの目で目撃した――。

 千葉県出身の男女4人組からなるインターネットポップロックバンド、神聖かまってちゃん。2010年のメジャー進出以前から、いじめ、引きこもりなどセンシティブなテーマを扱った名曲の数々を世に排出し、たまのメディア出演ではもれなく炎上騒ぎを巻き起こしてきた、テン年代を代表するお騒がせバンドである。

 神聖かまってちゃん (以下、かまってちゃん) の詳細なプロフィール、来歴等は、ここでは割愛させて頂く。令和に生きるスマートな人間らしく、ささっとググりやがって頂きたい。

 僕が、かまってちゃんの存在を知ったのは、忘れもしない21歳の夏。当時、僕はまだ片田舎の底辺大学生であり、夏期休暇の真っ只中であり、片やかまってちゃんもメジャーデビュー前の、一介の無名アングラバンドに過ぎなかった。

 21歳の夏休み――と言っても、僕は日々何もすることがなかった。アルバイトに励むわけでもなく、愛しの恋人とラブラブチュッチュするわけでもなく、ただひたすらにネット、ネット、インターネット。はっきり言って、いやはっきり言わずとも酷過ぎる夏休みの最中にいたのである。

 大学の友人らはきっと、21歳の夏を、きらきらと輝く人生のゴールデンタイムを、これでもかと謳歌しているのだろう。深夜26時、そんなことを思いながら僕は、1Kの木造アパートで独りノートパソコンを用い、例のようにゆらりゆらりとネットの海を揺蕩っていた。

 ニコニコ動画、FC2と周り、そして最終的に行き着いた先はユーチューブ。

 そこで、僕は出会った。出会ってしまった。

23才の夏休み

 23歳ニート青年のスペクタクルもへったくれもない、何も起こらない夏を歌ったメロディアスかつキャッチーなその曲に、画質も音質も最っ低なその安っぽい動画に、僕は凄絶な勢いでもって心の真芯を撃ち抜かれてしまったのだ (ちなみにこの動画は、当時観たMVではなく竹内道宏氏によるライブ映像である)。

 これ、俺のことじゃん!

 まさしくそう思わずにはいられないほどに、歌詞の内容と自分自身がオーバーラップしていた。

 ふと動画の再生回数を見ると「550」の文字。

 とんでもないバンドを見つけ出してしまった……。

 覚めやらぬ興奮、がなり立てる胸の鼓動と共に、僕は次から次へとかまってちゃんのMVを視聴し、片っ端からグッドボタンをクリック。そしてほどなく、こいつら間違いなくセンセーションを巻き起こすな、などといっちょまえにそんなことを確信したのである。

 僕の思惑通り、かまってちゃんは破竹の勢いで売れていった。

 ドラマ「モテキ」では劇中歌として「ロックンロールは鳴り止まないっ」が使用され、アニメ「電波女と青春男」ではボーカル、の子による書き下ろし楽曲「Os-宇宙人」が主題歌として起用。同年4月には彼らの楽曲を題材にした映画が公開し、翌年8月にリリースされた4thアルバム「8月32日へ」はオリコンウィークリーチャート初登場9位を記録した。

ロックンロールは鳴り止まないっ

Os-宇宙人

 僕が、かまってちゃんのライブに初めて足を運んだのは、今から数えること5年前のことである。

 勤めていた会社を自己都合退職し、週4日の深夜アルバイト生活という半ニート、半廃人状態の日々を送っていた当時、同じくかまってちゃんファンの友人から「妖怪かまってちゃんネットウォッチツアー」のチケットを譲り受けたことがきっかけだった。

「俺、予定が入っちゃって、どうしても行けなくなってさ。代わりに行って、感想聞かせてくれよ」

 電話口。友人からの願ってもない言葉に二つ返事で頷く僕。

 その日のうちに友人からチケットを譲り受けるも、何だか妙に現実感を持てずにいた僕は、ふわふわとした気持ちのままライブ当日を迎え、

「!!!!!」

 そして、面食らった。

 生で観るかまってちゃんは、もうとにかく圧巻であり、ショッキングの連続であり、また果てしなくカオスであった。

『お前ら、ステージ上がって来いよおおおーっ!!!!!』

 血走らせた目ン玉を引ん剥きながら、演奏中、不意に咆哮したボーカル。また凄いセリフをのたまるなぁ、と汗だくの状態で僕は思う。もっとも、実際にステージに上がろうとする猛者などいるはずもなく――。

「……え?!」

 しかし、しかしだった。直後、僕は視界の先数メートルで信じられない光景を目の当たりにすることになる。

「えええええー?!!」

 ななな何と! 幾人かの観客が嬉々としてステージに上がり始めたのだ!

 未だかつて、僕は映像の中でさえ、こんな混沌としたシーンを観たことがない。

(何なんですかこれ! 何なんですかこれはーっ!!)

 僕は「ちりとり」の歌詞のような気持ちを口内で叫びながら、生まれて初めて感じる心からのエモーションに終始、圧倒されるしかなかった。

『あーとー (ありがとー)!!!!』

 曲のラストでボーカル、の子が狂ったように叫び散らす。万雷の拍手と歓声が、誰ともなしに沸き上がる。

 ほとんど無意識のうちに、僕は泣いていた。四方八方、散り散りに爆ぜた感情をどうにも抑えることが出来ず、止めどなく溢れ出る涙が自然と頬を伝った。その涙はライブ終演後、ライブハウスを出てからもなお、依然として流れ続けていた。

 身を切るような冷気が、耳元で渦を巻く。ふと見上げた濃紺の夜空には、煌々とひしめき合う幾千もの星々。その神秘的な光に、街行く野良猫が思わず足を止める。

 僕が、長らく休止していた就職活動を再開したのは、翌週のことだった。一歩を踏み出す勇気を与えてくれたのは他でもない、かまってちゃんだ。

 あの日、友人がチケットを譲ってくれていなければ、かまってちゃんのライブを観ていなければ、大げさでも何でもなく、僕は未だに半ニート状態を貫き通していたかもしれない。

 ところで――僕は今、このファビュラスな文章を満員電車の片隅にて打っている。正社員として勤めている職場からの帰宅途中、薄汚れた吊革に掴まりながら、キャッキャと騒いでいる女子高生に紛れながら、大音量でiPodを聴きながら。

 再生中のアーティストは、もちろん神聖かまってちゃん。

 気づけば、あと一駅で最寄り駅に到着しようというところ。ゆえに、そろそろこのラブレターも締めに入ろうと思うのだ。思いのほか長くなってしまった。いかんいかん。

 では、改めて……

 ニート同然の日々を送っていた、かつての自分を全方位から全肯定してくれた彼らを、の子さんを、monoくんを、みさこさんを、ちばぎんを。僕はいくつになっても、相変わらず推し続けていくことだろう。

 かまってちゃんの奏でるロックンロールは、いつの時代もきっと、轟々と鳴り続けるはずなのだ。

 きっと、そうに違いないのだ。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きありがとうございます。会員でなくともスキ可能ですのでお気軽によろしくお願い致します🍀

あなたに良いことがありますように🍀
104
自称究極のインディーズ▷マボロシ文庫編集長▷WEB小説【未樹との遭遇 I'm always on your side】⇨1,000pt突破▷編集部のおすすめ選出1回▷かつて10代だった総ての大人たちへ https://mypage.syosetu.com/1166084

コメント2件

うわー!やっぱりライブいって見たいなって思いましたっ!!!素敵な文章読めてうれしいです!
クジラさん、お読み頂きありがとうございます🍀 かまってちゃんサイコー!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。