見出し画像

90年代の音楽を知らないアナタへ その21 HEAD OVER HEELS(97)/ALLURE feat.NAS 期待の大型グループになるはずが...

マライアキャリーが満を持して立ち上げたレーベル「CRAVE クレイヴ」レコードから第一段アーティストとしてデビューしたのが4人グループの「ALLURE アルーア」だった。

マライアキャリーが全面的にバックアップし、プロデュースだけでなくソングライティング、バックアップヴォーカル、他アーティストへの協力要請などなど。アルーアは時代の寵児だったマライアの絶大な信頼と期待を背負って華々しくデビューできたのだ。

そのデビューシングルとして選ばれたのが「HEAD OVER HEELS」。頭からつま先まで、あなたのすべてに恋してしまったという初々しい乙女のような内容。もろにマライア好みの曲だし、長年のマライアのファンからみれば、きっとマライアが自分で歌うために用意していた歌だったのではないかと推測される。

プロデューサーはマライアキャリーとトラックマスターズ。トラックマスターズもマライアもお気に入りのNASをフィーチャリングして、かなりハードなラップと心地よいハーモニーをミックスしているマライアらしいキャッチーな楽曲になっている。

サンプリングに起用されているのが87年にリリースされたMC SHANの「THE BRIDGE」。イントロのフックをモロそのまま使ったひねりのない使い方だけど、この選曲と楽曲をぴたっとハメてくるあたりのセンスがさすが。

ポップ好きにも、ヒップホップ好きにもどちらにもアピールできた秀逸な1曲になっている。

最高のバックアップを得てデビューできたはいいが、当人達のイマイチな歌唱力と、ルックスがあまりにもブラックコミュニティー寄りすぎたせいか、ポップフィールドでも活躍が目覚ましかったガールズグループ全盛期において残念ながら生き残れなかった。この「HEAD OVER HEELS」1曲だけでも十分に後世に残るクラシックであることは間違いない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
6
■90年代の音楽を知らないアナタへ:90年代に青春を送った筆者がリアルな体験を通して大好きな90年代の音楽について語っています。ごくプライベートな視点からの音楽解説を目指しています。 ■歌謡曲レコード:昭和の音楽を抜群のセンスで彩った歌謡曲を紹介しています。

こちらでもピックアップされています

90年代の音楽を知らないアナタへ
90年代の音楽を知らないアナタへ
  • 53本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。