コンポスト堆肥による、土作りから種まきまで|生ごみが資源に変わる日 #4
見出し画像

コンポスト堆肥による、土作りから種まきまで|生ごみが資源に変わる日 #4

川口貴史

 我が家ではコンポストによる「生ごみ堆肥化プロジェクト」を進めている。2021年1月にコンポストを導入し、その間、生まれては捨てられていた野菜くずや魚のアラをコンポストで発酵させ、約4ヶ月の期間を経てついに土へと返った。いくつか失敗を重ねたが、ようやく種まきまでこぎ着けたのである。

一次発酵、二次発酵を経て土の完成

 我が家のコンポストは、善玉菌の力を借りて生ごみを発酵させる「EMバケツ」である。密閉した容器の中で発酵させるので、うまく運用すれば匂いが外にもれることもなく、キッチンで利用できる。室内だから虫の心配もいらない。

 コンポストが満たんになり、土の中での二次発酵に進んだのが4月のこと。途中、発酵具合を確認し、5月に入って改めて確認したときには、卵の殻、たまねぎの皮を除き、生ごみはほとんど分解されていた。「EM生ごみ堆肥」をたっぷりと含んだ、生産力の高い土ができあがったのである。

▲二次発酵の途中経過。白カビが発生し、うまく発酵が進んでいる。この時点はまだ生ごみの原型がわかる
▲発酵が進み、卵の殻やたまねぎの皮を除きほぼ分解された状態。これで土が完成した

観葉植物の植え替え

 できあがった土を、さっそく観葉植物に利用した。すこし大きめの鉢を用意し、移植ゴテを使い丁寧に植え替える。その後たっぷりと水を与え、しばらく様子を見てみた。

 数日が経過したころ、以前に比べ葉がみずみずしく光沢をたたえ、よく澄んだ緑色へと変化していることに気がついた。見るからに元気になっている。観葉植物の植え替えは、どうやらうまくいったようだ。

初心者向けの品種、ベビーリーフ・二十日大根の種まき

 5月11日、いよいよ種まきの日を迎えた。

 さて、どんな野菜を育てようか。

 本当はナスやキュウリ、トマトなど、夏のスター野菜を育てたかった。が、僕は菜園初心者だ。それでなくても、これまでにベビーリーフや二十日大根など、初心者向けの品種でさえ失敗した経験がある。そこで今回は、まず失敗の少ない野菜を選択し、成功体験を得ようと考えた。ベビーリーフと二十日大根の、余った種でリベンジだ。

 まず、種をまく前の準備として、土に水をたっぷりとやり、よく混ぜ合わせる。単に水をあげただけでは表面が湿るだけで、中まで浸透してくれない。よく混ぜることで土全体に水を行き渡らせるのだ。

 次に深さ1cmほどのまき溝を堀り、1〜2cm間隔で種をまいてゆく。まき終えたら土をかぶせ、種と土が密着するようスコップで上から押さえる。ふたたび水をたっぷりとやり、これで種まきの完了である。

 種をまいてからというもの、朝、コーヒーを飲みながらベランダでの水やりの時間が楽しみになった。こうして朝の日課をこなすうち、種まきから4日後に発芽した。1週間はかかるだろうと考えていたが、意外と早かった。

 後は水やりを続けながら成長を待ち、間引きを経て収穫だ。収穫した野菜はサラダにしようか、みそ汁の具にしようか、楽しみで仕方がない。

この記事が参加している募集

わたしの野菜づくり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
とても励みになります。
川口貴史
WEBライター / 靴用品アドバイザー。ライティングのご依頼を承るかたわら、靴業界での経験をもとに、靴用品の開発にも携わります。旅、山、日々の暮らしを発信します。