見出し画像

【ハリオV60】キリリと冷えた美味しいアイスコーヒーの作り方

川口貴史

 アイスコーヒーの美味しい季節がもうじきやってくる。

 汗を拭いながらカフェで注文した一杯のアイスコーヒー——。水滴をまとった、涼しげなグラスに注がれた、キリリと冷えたコーヒーがのどを通る瞬間がたまらない。

 そんなカフェのアイスコーヒーを自宅で再現してみよう。ここでは人気ドリッパー「ハリオV60」を使った、ドリップ式アイスコーヒーの作り方をご紹介したい。

ハリオV60とは

 ハリオV60は世界的人気を誇る。バリスタ世界チャンピオンも愛用する、円すい形、ひとつ穴のドリッパーである。

 円すい形ドリッパーはお湯の注ぎ方で抽出スピードを自在にコントロールできることが特徴だ。言いかえれば味が安定しにくく、熟練を要するドリッパーではある。

 が、濃く、苦みの強いコーヒーが好みならお湯を糸のように注ぎ、さっぱりとした、口当たりの軽いコーヒーを好むならお湯を太く注ぐなど、仕上がりを思いのままにコントロールできる楽しさがある。

 注いだお湯は中心に向かって流れ、コーヒー粉に長く触れるため、香りと成分をしっかり抽出できる。ひねりを加えたらせん状の大きなリブは、蒸らしによるコーヒー粉の膨張を妨げない。コーヒー成分のスムーズな抽出を促してくれるのだ。 

ハリオV60でのアイスコーヒーの作り方

 アイスコーヒーの淹れ方に難しい技術は必要ない。「ホットコーヒーの基本レシピ+氷による急冷」で、誰でも美味しいアイスコーヒーを淹れられる。まずV60の基本レシピを確認しておこう。

・ペーパーフィルターをセットし、杯数分のコーヒー粉(中細挽き)を入れる
・杯120mlあたり、コーヒー粉10〜20gが目安
・沸騰したお湯を火からおろし、お湯が静まるのを待つ
・コーヒー粉の中心から粉全体が湿る程度に、お湯をゆっくりと注ぎ、30秒蒸らす
・中心よりうず巻き状にお湯を注ぐ。抽出時間は杯数にかかわらず3分以内とする

*参考:ハリオ

ドリップ式アイスコーヒーのポイントは急速冷却

▲無印良品のステンレスタンブラーとの組み合わせがお気に入り

 コーヒーの魅力のひとつである、豆本来の豊かな香りをアイスコーヒーで楽しむのは、抽出してから冷ますまでの時間をいかに短くするかがポイントだ。

 ここでは、たっぷりの氷を入れたタンブラーに直接ドリッパーをのせ、一杯分のアイスコーヒーを淹れる。このとき注意したいのがお湯の量。氷が溶けることを計算し、ホットコーヒーの半分で淹れよう。僕のレシピは次のとおりだ。

  • 300mlのタンブラーに氷をたっぷりと入れる

  • コーヒー粉15〜20g(120mlのホットコーヒー2杯分)

  • お湯の量120ml(ホットコーヒー1杯分)

 味の濃い、薄いは、お湯や氷の量、コーヒー粉の量を調整して、好みを見つけてほしい。  

ドリップの手順

 お湯を用意し、沸騰が落ち着くのを待つ。

 氷を入れたタンブラーにドリッパーをセットし、コーヒー粉を入れる。コーヒー粉は鮮度のよい豆の、挽き立てがベスト。ドリッパーをゆすって粉を平らにする。

 1投目を、お湯をコーヒー粉の上に置くように静かに注いだら、そのまま30秒蒸らす。

 蒸らしが終わったら、時々中の様子を見ながら、分量に達するまで数回に分けてお湯を注ぐ。ドリッパーを外して軽く混ぜたら完成だ。

 実は、アイスコーヒーは日本発祥だと言われている。その起源は大阪で、当時は「冷やしコーヒー」と呼ばれていた。大阪では冷やしコーヒーのことを「冷(レイ)コー」や「レイコ」などと親しみ、昭和30年代にこの言葉が広がった。現在でもわずかに名残が見られるという。

 おいしい「冷やしコーヒー」は、何もカフェでなければ味わえないことはない。「ホットコーヒーのレシピ+急速冷却」で、手軽に自宅でも楽しめるのだ。お気に入りの豆とドリッパーを用意し、ぜひ好みのレシピを見つけてみよう。

この記事が参加している募集

私のコーヒー時間

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
川口貴史

よろしければサポートお願いします。いただいたサポートは私の原動力、そしてクリエイターとしての活動費にあてさせていただきます!

川口貴史
大阪市在住・WEBライター / 靴用品アドバイザー。ライティングのご依頼を承るかたわら、靴業界での経験をもとに靴用品の開発にも携わります。旅、山、日々の暮らしを発信します。