私達の旅で目指すこと①

【子ども食堂への貢献について】

今回は私達の旅で目指す【子ども食堂への貢献】についてお話したいと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
子ども食堂とは、地域住民や自治体が主となり、無料または低価格で子供たちに食事を提供するコミュニティの場です。

私達は、このプロジェクトを半年以内に黒字化し、利益の一部を子ども食堂と協力し、より子ども達が社会のぬくもりを感じたり、繋がりを大切に出来るような機会創出に努めていきます。

妻が保育関係に携わっていたことが、
子どもについて考える大きなキッカケになりました。

皆さんは、
現在日本は7人に1人が貧困状態にあることをご存知でしょうか?
(平成28年国民基礎調査の概況より)

育ちざかりにも関わらず、
まともにご飯も食べれない子ども達が
【7人に1人】です。

僕はこの数字を見て、とてもショックでした。

2年前のデータであり、現実はもっと酷いかもしれません。統計は時差があるため、現実を知れないことが多いんです。

貧困家庭では、生活のために残業や夜勤も多くなり、子どもの【孤食】も増えていくことになります。

1人でご飯を食べるという寂しいことを、
僕は小さな子どもに経験させたくありません。

なぜなら、食事とはしあわせやよろこびを他人と
【分かち合うこと】が出来る
とても大切な時間だからです。

わかち合うことの大切さは、大人になっても大切な価値観だと私達は考えています。

子どもの時に受けた教育や経験は、
大人になった時に与える影響が大きいです。

子ども達が1人で過ごすことに慣れてしまうと、当然コミュニティと関わる習慣も無くなります。

コミュニケーションが不足する結果、
社会性や協調性のない人間に育ってしまう恐れがあるのです。

自分の世界を閉じ、周りと協力せず、全て自分1人で生活することが当たり前となって成長していくことに危機感を私達は持っています。

正直、現実をまだまだ知れていないのが、私達です。子ども食堂に携わる方々にお話を聞いたり、今を知ることで私達の出来ることを考え抜き、実行に移していきたいと思います。

少しでも、この社会課題解決に共感していただけると方がいらっしゃれば、シェア頂きたいです。少しでも社会について考えるキッカケが世の中に増えると考えています!もし同じような取り組みをされている方がいらっしゃれば教えてください!

また、皆さまに私達のプロジェクトも応援頂けると嬉しいです!

宜しくお願いいたします!

◾️クラウドファンディング
https://camp-fire.jp/projects/view/295339

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
“自分の心の声に素直に反応し、行動すること” 「愛する人達と旅するように生きる」がライフテーマ 2020年9月からキッチンカー開業 夫婦で日本1周の旅に出ます🚚
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。