サカモト語学塾

13
固定された記事

語学学習者はナイキの広告に注目!

突然ですが、ナイキの歴代キャッチコピーがそのまま語学学習のスローガンになるというのをご存知でしょうか。

早速ご紹介するので、ご興味ある方はお付き合いください。

ではいきます。

There is no finish line.

直訳すると「フィニッシュラインはどこにもない」つまり「これで終わり、ここまででOKというラインはどこにもない」という意味です。意訳するなら「挑戦に終わりはない」などと

もっとみる
¡Muchas gracias!
1

学生の頃、GmailやFacebookのチャットで各国の友人達との会話に明け暮れていた時期があった。今振り返ると、自分の英語とスペイン語はあの膨大な量のチャットで伸びたんじゃないかと思う。最近あまりチャットって聞かないけど、楽しい上に語学力も勝手に伸びる、素晴らしいツールだった。

Muito obrigado!

メキシコ留学初期のスペイン語が満足に話せなかった頃、まず「少なくとも日本語を使わない」ために英語での生活に切り替えた。日本人とのコンタクトを必要最低限に減らし、英語を話せるメキシコ人の学生と、分かる範囲の簡単なスペイン語を混ぜながら毎日語り合い、徐々に英語の割合を減らしていった。

Muito obrigado!

動物と暮らしている人は語学の練習パートナーに恵まれている。語学の上達方法として独り言はとても有効だけど、そこに相手がいれば更に良い。でも不十分な語学力で人に付き合ってもらうのは恥ずかしい&申し訳ないという人も多いのが現実。そこで、動物を相手に毎日たくさん話しかけて練習する。ぜひ。

Muito obrigado!

受験英語に対しては批判もあるけど、個人的には語彙・文法・構文・リスニングのベースを作る機会として有難かった。たくさん文章を読んだのも良かった。もちろん教え方にもカリキュラムにも改善の余地はありまくるけれど、現状が簡単に変わらないなら学び方を工夫することで役立たせる方法を考えたい。

¡Muchas gracias!

英語のボキャブラリーを効率よく増やせるカギのひとつがカタカナ語。普段から使っている英語由来のカタカナ語を英語に再変換して覚えていく。これだけでかなりの数の単語を自分の辞書に追加できる。ポイントは英語の正確な発音と、日本語とのニュアンスの違いを必ず確認すること。ぜひ。

Muito obrigado!

英語以外の言語を学ぶ効用の一つは、逆に英語の理解が深まること。比較の対象ができることで英語に対する客観的な視点を獲得できる。特にスペイン語など他の欧州系言語を学んだ場合、単語の語源についての理解が深まって、英単語の理解力まで自然に高まることが多々ある。英語を深めたい人こそ、是非。

Muito obrigado!

韓国語って、文字の仕組みが非常に良くできていて覚えやすく、文法は日本語にそっくりで、単語も漢字由来のものはやはり日本語に似ているので、発音さえマスターできれば加速度的に学習が進む印象。何語でもいいから語学を始めてみたいという日本人に、実は最もオススメな言語のひとつだと思う。是非。

¡Muchas gracias!

モノマネやお芝居が得意な人、人間観察が好きな人は語学にとても向いている。語学というのはある意味「外国語で台詞を覚えて、ネイティブの話すリズムやトーン、表情や身体の使い方を再現しつつ、その言語を話す自分を演じる」みたいなところがあるので、モノマネやお芝居、人間観察との親和性が高い。

Muito obrigado!
1

リスニングが得意になりたい人は、リスニングそのものを頑張ることも良いけれど、その前に発音を正確にできるようにしておくことがとても大切。自分で発音できる音はほぼ正確に聞き取れるので、むしろ近道。特に英語の場合、まず発音記号やフォニックスをマスターすること。これだけでも随分と変わる。

¡Muchas gracias!
1

英語を話せるようになりたい中学生や高校生の皆さんは、目の前の英文をペンだけでなく舌で豊かに再現する練習を沢山積んでほしい。実際の場面を想像し、気持ちを込めて、つまりリアリティを持たせながら声に出してみること。これを習慣にするだけで、学校での英語の勉強も話すための練習に変えられる。

¡Muchas gracias!