はじめまして、ジンノユーイチです
見出し画像

はじめまして、ジンノユーイチです

はじめまして、若ハゲ税理士のジンノユーイチと申します。

所属しているオンラインサロンである前田デザイン室で自己紹介noteを最近書いてないねという流れになり、じゃあ書いてみようかと思っての自己紹介です。

税理士という仕事について面白さや自分が好きな仕事の話。

若ハゲを名乗る理由、前田デザイン室とのかかわり、デザインに対するイメージ、今後のこと、そういうものを書いています。どうぞおつきあください。

基本データ

名前:ジンノユーイチ(神野裕一)

生年月日:1984年10月9日

職業:税理士

住まい:京都市南部

趣味:ゲーム(ロールプレイングが主)、献血、ゴルフ(ヘタですが)、マラソン(のんびりマイペース)


税理士という仕事


私の仕事は税理士です。このように書くととても堅いイメージがあるかなと思います。フリーランスの方や事業主の方には多少なりともなじみがあると思いますが、サラリーマンの方には接する機会が少ないでしょう。

税理士の仕事として広く知られているのが

①誰か(法人個人問わず)の税金に関する申告書を本人(法人)の代わりに作ること

②税金に関する相談を受けること

③税務調査の時に申告した人の代わりに代理したり立ち会ったりして対応すること

この3つが税理士の仕事内容の大きな柱です。


税金に関することって独立開業しないと中々勉強する機会がないと思います。会計や簿記についても税金と同様、学ぶ機会というのは少ないかなと。

そんなお堅いイメージが何かと持たれがちな税理士という仕事ですが、面白さももちろんあります。


仕事の裏側をみれる面白さ

税理士をしているといろんな職業の方、いろんな会社とお付き合いすることになります。そうすると様々な取引が行われていて、またおカネの流れがあることがよく見えます。

普段生活をしていてどこかの会社の経理内容や決算内容を知る機会というのは上場企業でない限りありません。

中小企業にお勤めの方でさえ自分の会社の財務内容や決算書を見る機会というのは極めて少ないでしょう。


つまり税理士が行う仕事の中身って会社や事業に関する内緒の話、表に出てこない裏の話が多いんですね。税理士はその仕事の裏側をみれる貴重な仕事です。

普通では知ることができない仕事・事業の裏側をのぞき見れるという面白さがあります。


事業をサポートする役割としてのやりがい

税理士はフリーランスや中小企業の社長さんなどから相談事や悩みを打ち明けられることが多くあります。

わたし自身はそのようなお困りごとをサポートするのが税理士の仕事の大きな役割のひとつだと考えています。

フリーランスや社長さんというのはとても孤独です。良き相談相手としての税理士というのもよく耳にします。

あくまで主役はお客様ですから、私の仕事は裏方・サポーターなわけですが、事業が発展し目標を達成し夢を実現するお手伝いをすることにわたし自身は強いやりがいを感じています。


学生時代にラグビーをしていて(ポジションはプロップでした)、スクラムを組んだりラインアウトで下で支えたりと、誰かを支える、チームを支える役割を担っていたことも影響としては大きいかなと思います。


仕事で好きな分野

税理士業と一括りにしても様々な業務があります。私が好きな分野として業種であればWeb関係、IT関係の業種が好きです。

Web関係のフリーランスの方やIT系の会社の方はお手伝いをしやすいかなと考えています。



税理士業界は平均年齢が65歳前後となっており、私のように35歳で独立している税理士というのは全体に対して非常に少ないです。一説によると3%とか5%とか言われています。

若いというだけで仕事が取れるほど甘い業界ではないですが、お客様には同世代の事業をしておられる方が多いので、そういう意味でニーズもあると考えています。


特に営業についてはWebに力を入れていて、Web関係のお客様に見つけていただけるとやはり嬉しいです。


若ハゲを名乗る理由

冒頭でも若ハゲ税理士と名乗っていますし、写真を見ていただくとよくお分かりかと思いますが、若ハゲです。

画像1

どんなにキメていてもハゲてます。


なぜ自分で名乗っているかを解説しますと。

髪の毛が薄い人に特有の悩みなんですが、髪が薄くてそのことを隠していると誰かと話しているとき視線が合わないことがよくよくあります。

自分がハゲていることを隠そうとすればするほど、周囲の人には大抵バレているものなのですが本人は気が付きません、皮肉なモノです。


私もそうですが本人が隠している思うととジッと見ちゃダメだと心優しい方は感じるもので、自然と物凄く距離感ができてしまいます。

なんてったって顔を見るとハゲている、そして隠そうとしているのが分かるわけですから誰でも見ちゃダメだと思うでしょう。コミュニケーションに支障が出ることも往々にしてあります。


私は自分が薄毛を隠している状態で周囲の人に気を遣わせている自覚がありました。薄毛を隠していたらみんな気を使ってコミュニケーションにストレスを感じるでしょう。

周囲のひととの距離感を縮めるためにも自分がハゲていることをオープンにしています。


セルフブランディングの観点からも「若ハゲ税理士です」というと一発で覚えてもらえますし、みんなもイジリやすいですよね。


前田デザイン室との関わり

私はいま前田デザイン室というオンラインサロンに参加しています。オンラインサロンと聞いて皆さんはどんなイメージがあるでしょうか。


幸いWeb関係が好きだったこともあり、オンラインサロンの存在は知っていましたが自分が入るとは思っていませんでした。要は外から見ているだけの状態です。


前田デザイン室に興味を持ったキッカケは友人の税理士(彼も前田デザイン室に参加しています)がTwitterでマエボンという雑誌を紹介していたことです。

何やら面白いことしてるなぁというのが第一印象で、出版記念のトークイベントがあるということで参加してみました。


その時点でもオンラインサロンに参加する意図はなかったんですが、その出版記念イベントで室長である前田さんがデザインとビジネスの話をしておられてそれが私にはとても新鮮でした。

何に新鮮さを感じたかというとデザイナーがビジネスを語るということにです。それまで私の中で全く紐づいていなかったので。


その後、NASU本という世界初のナス型の本が発売されそれを手に取り、デザインが生まれる現場を見てみたいという思いで前田デザイン室に参加してみることにしました。


NASU本はビジネスについての話も多く盛り込まれていて、ビジネス書としての側面も強く持っています。

仕事柄よくビジネス書を読むのですが普段読むビジネス書とは視点が違い、デザイナー目線でのビジネス書となっています。


参加枠はいま複数ありますがアンバサダー枠といういわば見守り隊のような位置づけで参加しています。

立場としては見守りなのですが、自分がやりたい!と思えたら手を上げることもできます。

先日も前田デザイン室のメルマガを書かせていただきました。


デザインが生まれる現場をリアルタイムで見ていて、私にとってはある種のショーのような感じで、とても面白いですし、デザイナーさんが頑張っている姿をみて元気をもらっています。


いまでは私にとって前田デザイン室は心地の良い仲間と緩やかにつながれるサードプレイスです。


デザインに対するイメージがアップデートした

前田デザイン室に参加して一番変わったのはデザインに対する印象です。

というのも今まではデザインと聞くと「感覚が先行する」というイメージがありました。


何となくこんな感じでいいでしょ、という感覚的な話しがたくさんあるものだと思ってたんです。

自分の仕事が税理士という、いわば論理的な話しの塊なのに対して対極に位置しているという先入観を持っていました。


でもいざデザイナーさんに名刺やTwitterアイコンで似顔絵を描いてもらうと、感覚ではなく何故このデザインなのか、どういう意図があるのかを聞き取りまた提案してくれます。共通認識を持てるように言語化に努めてくださっています。

出来上がりを私自身は誰よりも楽しみにしているところです。


前田デザイン室に参加しておよそ6か月ですが、一番デザインについての印象が変わったのはこちらの対談です。


デザインと言語化について、アートとデザインの違いについてなど言及されていて、へぇーの連発。NASU本には前田さんの視点が詳しく書かれています。

もともと絵を見に行くのは好きだったのですが改めて違う視点を知れました。


今後のはなし

雇われから独立して事業主になって初めて、事業をうまく進めていくにはデザインの力って結構重要だなと感じています。

私のような税理士業というカタい仕事においてもデザインの力を借りられる場面は多くあります。

名刺や事務所案内

Webサイト

プロフィール写真

そういうものだけでもプロのデザイナーさんにお願いするといいものできるんだなということを実感しています。


先日、自分が代表者の法人を作りました。

税理士業以外で収入の柱に出来るものを作りたいなと以前から考えていたので、税理士業以外のことは基本的に法人でやっていきます。


具体的にどんなことをしたいか考えていたのですが、ブログを始めてずっとWordPressで運営していて、Webサイト制作にとても興味があります。

Webサイトをどんな風につくるのか、また基本的なスキルとしてのWebに関する知識(HTML/CSS PHP Javascriptなど)について学んでいきたいと思っています。


ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

フリーランスの方向けの記事もnoteで書けたらと考えています。

その時はどうぞよろしくお願いします。


この記事が参加している募集

自己紹介

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しくてハゲそうです
京都で若ハゲをしている税理士のジンノです。 フリーランスの経理周りサポートを得意にしています ブログサイト→https://co-develop-ing.com 事務所HP→https://jinnozeirishi.com/