大樹町で巻き起こるリアルシムシティ
見出し画像

大樹町で巻き起こるリアルシムシティ

堀江貴文(Takafumi Horie)

 インターステラテクノロジズの本社工場の横に、また建物が建ち始めている。
 今回の建物はまあまあ大物で、その前に実はまたプレハブを建てていてそれは、新しく設計製造している軌道投入機ZERO用の司令室。かなりの安全距離を取らなければならないので、もうすぐ建設の始まるLC-1射場からかなりの距離をとらなければならない。
 そのために遠く離れた本社工場の横にプレハブを建てたりしているのだ。

  新しく恒久的設備として建てているのは構造試験棟という建物で、大型のZERO用タンクの耐圧試験などをやる設備だ。
 タンクの耐圧試験は気体では水を入れて試験をする。気体だと爆発した時に周りに飛散するので非常に危険だからだ。液体でやれば破裂はするが金属片が飛散したりはしないので比較的安全なのである。

 MOMO用のタンクであればそんなに大きくないので仮設でもいけるのだが、ZERO用ともなればそうはいかない。他にも構造の振動試験設備などなど打ち上げまでに作らなければいけない試験設備は多い。やはり大型のものになると内製は難しいので建設会社に頼むことになる。冬場は地面が凍って基礎工事ができなくなるので時期の制約も受けるのである。

 打ち上げまでには大型の組み立て工場もできる予定なので、見学コースも充実することだろう。ある意味、北海道十勝地方の一つの大きな目玉ランドマークにもなるだろうし、私も毎回訪問するたびに設備ができていてリアルシムシティみたいで楽しいのである。

インターステラテクノロジズでは常時人材募集中です!
▼ISTリクルートページ
https://www.istellartech.com/recruit

※日々更新される記事の全文は、有料の記事も含め個別購入以外にnoteにて月額864円の『堀江貴文のブログでは言えない話』への加入でも読むことができます。
★note版『堀江貴文のブログでは言えない話』
https://note.com/takapon/m/m6f25f310b0e9

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

『堀江貴文のブログでは言えない話』 定期購読マガジン ¥864(税込/月額) 毎週 月曜日 18時までにお届け

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀江貴文(Takafumi Horie)
どーもー!