見出し画像

「メモの魔力」と「自分のことは話すな」のテレビCMを制作しました! - テレビCMの制作受注について

株式会社 幻冬舎 様の「メモの魔力」と「自分のことは話すな」の15秒テレビCMを制作しました。6月5日から24日までTBSで流れております。

制作期間は2本で1週間強でした。
死ぬかと思うようなスピード感でしたが、無事完成しまして安心しています。
作業のスピード感には自信がありますので、今すぐにCMを制作して早くリリースしたい!という人はぜひ私にご連絡ください。

私は普段から、90分番組のWeekly Ochiaiを1分ダイジェストにするなど、
要素を引き算していくことで内容を尖らせる・わかりやすくする制作をしていますが、
今回も「シンプルで伝わりやすいメッセージのCMにする」という点を重視して作りました。

「何が言いたいのかよくわからない」モノを絶対に作らないという信条がありますので、今回の2本のテレビCMについても、しっかり15秒で伝わる映像を目指して制作しています。

「メモの魔力」CMについて

「メモの魔力」といえば、メモを取ろうね!ということよりも、メモの取り方や「具体から抽象化、転用化するメソッド」という内容が魅力だと思いますが、そういったことを15秒で「誰にでも伝わる」映像を作るのは難しいだろうなと思ったので、
本の内容を紹介するアプローチは見送りました。

テレビ視聴者層により強く伝えるために、「60万部突破!」や「2019年最も売れたビジネス書」といったワードを入れて、シンプルに「めちゃめちゃ売れているすごい本」ということが伝わるCMにしています。

「メモの魔力のCMを制作することになった」という連絡を受けた翌日に、提出したVコンテ。
構成はこの時点でほとんど固まっています(撮影に協力してくれた友人のアヤトくん、ありがとう)。

「売れている」という点に内容を絞ったことで、広い層に深く刺さるCMができたと思います。やはり短尺の動画はワンメッセージ・ワンコンセプトに限ります。
ちなみに、CMで使用されている楽曲は、前田さんのご友人である「MY FIRST STORY」のベーシスト、Nobさんによるものです。楽曲をご提供いただき、本当にありがとうございました。

「自分のことは話すな」CMについて

「メモの魔力」というタイトルもなかなかインパクトがありますが、「自分のことは話すな」というのは強烈なタイトルですよね。
目次の項目もパンチのあるものが多かったため、キャッチコピーとしてそのまま採用することにしました。

画面いっぱいにテロップを配置して、ダイナミックなアニメーションを付けることで非常にインパクトのある映像になったと思います。「メモの魔力」のCMは落ち着いた「静」の映像だったのに対し、こちらは「動」を意識した作り方をしました。

画像1

撮影前に制作したイメージ画です。
印象の強いキャッチコピーをダイナミックに配置することで、CMを見た人がハッとするような映像を目指しました。

テレビCMにテロップは必要なのか?

「自分のことは話すな」と「メモの魔力」のCM、両方に共通して言えることですが、かなり見やすくテロップを入れています。というか、テロップ必須の前提で制作して、演出として昇華させています。

言うまでもなく、言葉を使わずに表現できるのが映像の魅力でもあります(僕はそういう映画や作品が好きです)が、普段SNSやYoutubeで目にする動画は当たり前のようにテロップがありますよね。
テレビのように「ながら見」や「ぼーっと見る」タイプの映像媒体において、テロップありの映像に慣れている人が多い今、テロップは必須かもしれないと思っています。

テレビで流れているCMをスマホで撮ったり、映像の一部をキャプチャ・スクリーンショットしたりしてSNSに投稿しているのもよく見かけるので、そういう意味でもテロップは重要かもしれません。

そういったことを考え、SNS動画やミュージックビデオ(最近は映像に歌詞が載っているMVが多いです)に限らずゲームのUIなどを日々たくさん見て、見やすいテロップのデザインや出し方を研究しています。

テロップを入れるべきかどうかは、最終的にはもちろん紹介するプロダクトや作りたい映像によるのですが、私は今後も「見やすいテロップで、わかりやすく訴求力の強い映像」の制作を研究していこうと思います。
そういったCM映像を作りたい!という方はぜひご連絡ください。

テレビCMの制作のご依頼について

まとめますと、私が制作する映像には

・見やすく、かつわかりやすいテロップを使っている
・メッセージや内容を絞り、誰にでも伝わる映像を作る
・制作開始から完成までのスピードが速い
(といっても1週間は特例ですが…、お気軽にご相談ください!)

という特徴があります。

今回制作したような15秒のテレビCMの受注について、
ご予算は1本100万〜でお受けしております。

効果的なテレビCMを、すぐに作って出したい!という方は、ぜひご連絡ください!

https://twitter.com/takamin_
お問い合わせはTwitterのDM、または

https://pyro.tokyo/contact/
こちらのメールフォームまでお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!ありがとうございます。
45
社会のルールは守らないが自分のルールは絶対です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。