見出し画像

妻の誕生日に休むということ

毎年、母の日と共にやってくる私の誕生日。
立夏に入り、新緑が眩しい大好きな季節です。今年も無事に1つ、歳を重ねることができました。たくさんのお祝いの言葉、ありがとうございました。
今年はあることがきっかけで、お誕生日に休みをいただいてゆっくりと過ごしました。

なぜ休むことになったのか

私の夫は元同僚で、Goodpatchから独立し「最高の体験」を創るためにSenを起業したばかりです。(私たち夫婦についてはForbesさんのいい夫婦の日特集記事に取り上げていただいてるので省略。)

そんな夫が私の誕生日に休むことになったのは、昨年の私たち夫婦の結婚式でのGoodpatch CEO土屋さんのあるスピーチがきっかけです。

妻の誕生日には休んでデートをしろ

会社のみんななら知っているけれども、僕は起業してから毎年、妻の誕生日に「妻の誕生日だから」と明確に伝えて休んでいる。
「妻の誕生日には休んでデートをしろ。」これが夫婦長続きの秘訣。
だから徐福(夫)にも、これをぜひ続けてみてほしい。

これは、私がGoodpatchに入社するよりも前からずっと、土屋さんが続けてきたことでした。私はCEO秘書も兼務している兼ね合いもあり、そのことはよく覚えていましたし、入社後「本当に家族を大切にしている人なんだな」と実感したエピソードでした。まさか自分にこんな日がくるなんて思いもしませんでしたが(笑)。

参列してくれた友人たちからも軒並みこれは名言と大好評だったスピーチ。
結婚式のすぐあとに、土屋さんとの約束を守って夫はGoogleカレンダーですぐに「繰り返し」で予定を入れてきてくれました。

「大切なものを大切な時に大切にできる」
という一見、大人として基本のことですが、忙しい日々の中でついつい疎かになってしまうこと。1年に1度、こうやって思い出せる機会をいただけたことは何よりの宝物です。

結婚式のあと初めて迎えた誕生日は、良い機会をくださった土屋さんの地元軽井沢へでかけてきました。

ということで、今日は朝から早起きをして、スマートフォンをオフにして新緑の中を歩き、季節を感じながら、綺麗な景色と美味しい空気、柔らかな温泉で身体と心がリセットされました。ありがとう。

遅れているお返事は、明日必ずお返しします。

👒🌿

この1年は「実践と探究」というマイルールをより一層楽しんでいこうと思ってます。
今年もよろしくお願いします。

2019.05.13 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めるしー🇫🇷
102
Corporate Design @GoodpatchTokyo Public Relations&People Experienceグループマネージャー コミュニケーションデザイン/経営企画/企業文化醸成/組織づくりなどを嗜む程度に。マイルールは実践と探究。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。