イエローマジックショウ2001

鋭意・加筆修正編集中

デビューからの30年を振り返る自伝的エッセイ「ずっと音だけを追いかけてきた」は2019年初頭までのエピソードで一応完結しているのですが、30周年の締めくくりにリリースされた記念アルバム「City Folklore」と、ライブアルバム「Yellow Magic Children #01」のことを追記しなければと思いつつ、時は2020年になりました。あけましておめでとうございます。

昨年末に古い記事から加筆修正を始めて、やっと1996年まで来ました。30年って長いなあと改めて思います。冒頭と最後ではだいぶ文体も違ってしまっているので調整しつつ、その後見つかった写真なども加えながら、2020年中の書籍化を目標に整えていこうと思います。気長にお待ち下さい。

(上の写真は2001年・NHK-HiVision「細野晴臣イエローマジックショウ」収録時の様子。ギターの構えが左向きになっているのは単にふざけているから)


この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
動画、未発表写真など貴重な資料も引用しながら、今まで語ることの少なかった出来事や心情も、時に赤裸々に。それぞれのエピソードは¥200で、マガジン全体をご購入いただくと、全てのエピソード(42話)がご購読可能です。

デビューから30年の航跡を振り返る入魂の自伝的エッセイ。各章は¥200の価格ですが、マガジンをご購入頂くと30年分の全エピソード(全4...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この「サポート」は、いわゆる「投げ銭」です。 高野寛のnoteや音楽を気に入ってくれた方、よろしければ。 沢山のサポート、いつもありがとうございます。

ありがとう!メッセージは毎回変わるので、他でも試してみてくださいね。
33
note歴5年目、デビュー31年目のミュージシャン。 noteで連載してきたデビューからの30年を振り返る自伝的長編エッセイ 「ずっと、音だけを追いかけてきた」全42話・完結しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。