見出し画像

商業捕鯨再開、お肉大戦争始まるか

お肉大戦争、始まりますかね。

約30年ぶりの商業捕鯨の復活です。記事によると2019年7月から日本の領海や排他的経済水域(EEZ)での商業捕鯨が再開されます。牛肉や鶏、豚といった食肉の代表格、ジビエという野生の鳥獣類も加わって、お肉の大競争時代がやってくるのでしょうか。私の世代は学校給食にクジラ肉が出ていましたし、今でもときたまクジラ料理のお店に行きます。表紙の写真はクジラ肉のお刺身です。クジラのステーキも好物です。おいしいのは間違いありません。

「国際捕鯨委員会(IWC)脱退」はNHKのお昼のニュースでもトップでした。新聞各紙の扱いも大きいです。ただ世間はそれほど歓迎しているでしょうか。意外と冷静なのでは。「やっとクジラが自由に食べられる。うれしい」といった反応は40歳以下になるとほとんどいないと思います。渋谷のセンター街で若者にマイク向けても「なにそれ」といった反応が多数では。

商業捕鯨を中断した30年前と比べ、現在の消費者の食の選択肢は格段に広がっています。消費者は価格にも敏感。スーパーでは牛肉が高くなると割安な豚肉の売れ行きが良くなります。

クジラ肉は最初は流通する量が限られるでしょうが、量が増えるにつれ、他の食肉、あるいはマグロや馬刺しとの熾烈な価格競争が始まります。やっと復活しても、価格次第では採算が合わず、「商業捕鯨」が商業的に成り立たなくなるかもしれません。

今年6月に書いた原稿です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!励みになります。
9
「値段のプロ」。BSテレ東「日経モーニングプラス」(7時5分~)毎週木曜「値段の方程式」でコメンテーター。Voicy日経チャンネル「ながら日経」「ヤング日経」の総合プロデューサー。「次の日経を考えるチーム」所属 《趣味》スポーツ観戦、アイドル 《活動エリア》いたるところ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。