見出し画像

#00|「エディンバラ大学Film Directingコース」について

Film Directingコースの講義内容をシェアします

映像演出を学ぶため、エディンバラ大学Film Directingコースへ入学したわけですが、このコースで学んだことはnoteでシェアしていこうと思います。

今や自分で撮った映像を誰でも発信できる時代です。映像を生業としていなくても、映像の知識を得たい人はけっこう多いのではないでしょうか。または、ぼくと同じように留学を考えている人もいるかもしれません。

しかし、実際に留学するとなるとお金も時間もかかります。なので、イギリスで学んだ知識に関しては、ぼくにシェアさせてください。

ぼくは、学んだことはシェアするべきだと思っています。このnoteをきっかけに、誰かが映像を撮り始めて、いつか一緒に何か作れるかもしれない。このnoteをきっかけに、誰かがぼくに面白いことを教えてくれるかもしれない。

ということで「エディンバラ大学Film Directingコース」では、MFA (Master of Fine Arts) Film Directingコースの講義から得た知識、情報、発見を綴っていきます。

コースの概要

まず、ぼくが入学したのは大学院で、21ヶ月間のMFAコースです。その他、この大学には11ヶ月のMA (Master of Arts)コース、4年間のUndergraduateコースBA Film and Televisionがあります。


〈Film Directingコース〉
https://www.ed.ac.uk/studying/postgraduate/degrees/index.php?r=site/view&edition=2018&id=733

〈BA Film and Televisionコース〉
https://www.ed.ac.uk/studying/undergraduate/degrees/index.php?action=view&code=P390

さて、21ヶ月間は、ざっくりどんな予定なのでしょうか。
タイムテーブルにしてみました。

1年は2学期制で、120単位を取得します。

タイムテーブルの青の授業がプロジェクトベース、つまりワークショップ形式で作品撮りをしていきます。赤の授業が、座学。ご覧のとおり、作品撮りをベースとした実践的なコースです。

作品撮りをするにあたり、テクニカルな面から、作品へのアプローチ面まで、生徒12名の少人数クラスで、毎回ワークショップ形式の授業がひらかれます。

このマガジンでは、主にそのワークショップ講義で得たものをみなさんに共有できればと思っています。

取り急ぎ、概要まで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!励みになります!
8
映画作家・アートディレクター https://www.takahiroueno.net/

こちらでもピックアップされています

エディンバラ大学Film Directingコース
エディンバラ大学Film Directingコース
  • 11本

エディンバラ大学 MFA (Master of Fine Art) Film DIrectingコースの講義から得た、映画の演出についての知識、情報、発見を綴っていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。