見出し画像

「座右の銘は何ですか」に答えられますか

元同僚でバリスタの世界チャンピオンになった粕谷くんという人がいます。

彼はうちの会社のカフェスペース「バリスタ」のデザインや提供するコーヒーのコンサルティングをしてくれました。

バリスタに彼が来てる時に雑談してる中で彼がこう言いました。

取材受けたりすると「座右の銘は何ですか」って聞かれたりするんですけどいいの思い付かないんですけど高橋さん何かありますか

考えたこと無かったので考えてみたらありました。

君子は豹変す

これです。

※参考
故事百選
http://www.iec.co.jp/kojijyukugo/vo01.htm

何でこの言葉を知ったのか忘れちゃったんですけど、知った時は「ふーん」くらいの印象だった気がします。

例えば

就活時代「仕事なんかテキトーにやってりゃいいでしょ」
現在「仕事っていいなぁ」

Perfumeデビュー当時「すぐ消えそう」
現在「生まれ変わったらPerfumeになりたい」

学生時代「論理的であることこそ正義」
現在「論理だけで割りきれるわけないでしょ」

とか。

おおっぴらに書くモンではないしょーもないことや政治的なことも含めて、前言撤回の人生です。

学生時代は根拠レスな自信があって「俺の人生のスタンスは固まった」みたいに思ってたんですけど、とんでもない大バカヤローですね。

特に社会出てから失敗と想定外の嵐で、固まったと思ってたものが揺らいだり、時には崩れ落ちたりしました。

混乱期を経て気付いたんですね。

変化することを前提に生きよう、と。

そう気付いた時にこの言葉が浮かんできて「あ、これだわ」と。

未熟で考えの浅い自分への言い訳として都合よく使っちゃってる感もありますが、いい言葉だなと。

これからも失敗したり壁にぶつかったりして悩むんですけど、変化することを前向きに捉えてられる君子たりたいと思います。

粕谷くん、俺の座右の銘、これっす。

皆さんの座右の銘はありますか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートを元に良い記事たくさん書きます。

おお、この記事がスキとは、なかなかの通ですね。
16
同級生の妻と4歳、1歳の息子たちと暮らす37歳フリーランス。

この記事が入っているマガジン

コメント2件

コメントありがとうございます!
そういうかっこいい人になりたいものです。
汝自身を知れ!
中学の時からこれ。日記、内観、文章療法…大学出てから少し難しく言うようになりました。自己への配慮です。ギリシア哲学です。一周回って戻りました。やはりわかりやすいから、「汝自身を知れ」。
分を知れ、自分の能力を知れ、意識で知りえないような自分自身を知れという解釈も。全く計り知れません。てへ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。