SaaS型の次世代SNS分析ツール「Loview(β版)」を発表しました。
見出し画像

SaaS型の次世代SNS分析ツール「Loview(β版)」を発表しました。

こんにちは、スパイスボックスで広報をしている松原です。

いつもは、自分が個人的に思っていることをつらつら書いていますが、本日は、リリースされたばかり(今日の9:00にリリース公開👏)の、SNS上のブランドファンと最適なターゲット市場を可視化する新サービス「Loview(ラビュー)」について紹介します。

Loviewとは。わたしたちのミッション

LoviewはSNS上のファンのリアルを明らかにして、ファンとの多様なコミュニケーションを可能にすべく、スパイスボックスが開発・提供を開始したSaaS(※1)型の次世代SNS分析ツールです。ファンにとっても、ブランドにとっても嬉しいブランドづくりを実現すべく、開発を進めてまいりました。

ブランドのマーケティング活動に対して、誠実さや信頼感を望む生活者が増えているいま、ブランドを愛する生活者が広告を信頼できる社会をつくることが急がれています。「広告嫌い」を公言する生活者や、広告代理店に不信感を抱く生活者が増えていることはSNSを見ても明らか。

ここでLoviewの開発者の言葉を引用します。

ブランドの距離が近づくことで、今まで開示されることのなかった生活者の本音の情報が流通していくと信じています。また、その情報をブランドが活用することで、生活者が本当に求めていた新しいサービスが生み出される好循環が生まれるのではないでしょうか。このサービスを通して、愛に溢れた社会の実現を目指します。

サービス名の由来でもある「LOVE YOU」は、ブランドを愛する生活者に、愛されるブランドを届けるため、私たちが、生活者の愛をみつけ、対話し、届けていくことを意味しています。生活者の愛の信号(飴と鞭)を見つけて、ブランドにお伝えし、双方の対話を見守り、円満なカップルになる秘訣を明らかにします。また公認カップルをふやすことで、自然に「私も好き!」を言いやすい世界をつくります。この状態が加速し、世の中が愛の景色でいっぱいに満ちることが、私たちのミッションです。

Loviewの特徴(3つあります)

ファンのリアルを明らかにして、ファンとの多様なコミュニケーションを可能にする、とはいうものの、何ができるのか?気になりますよね(気になってください笑)Loviewでは、大きく分けると3つのことができます。

1_サービスイメージ

1つめはSNS上のブランドファンを発見すること。
ビッグデータ分析技術で大量のSNSデータを継続的に収集 / 分析し、AI技術を用いて、ファンならではの行動を特定し、潜在ファンを発見します。

2つめは、ファンと直接連絡をとり(※ここ割とポイント!)行動や心理を解明すること。
発見したファンにSNS経由で日頃のお礼(いつもブランドを愛してくれて、SNSで好きを発信してださってありがとうございます🙏)と、アンケートやインタビューの依頼を直接お声がけ。さらにファンの行動や心理を深堀します。ブランドを本当によく知るファンからの声には、ポジティブなものもあれば、ファンだからこそ見える課題(ちょっと耳の痛いメッセージ)もあるかもしれません。それでも、SNSの投稿データから見えること、直接お話しすることで見えること、両方を掛け合わせることが大切だと考えています。ライフスタイルや消費価値観、実際の利用シーンなどは、定量的なデータだけを見るだけではやはり見えてこないものだから。

3つめは、上2つを踏まえた、ネクストアクションのご提案。
SNSデータとアンケートの情報を掛け合わせて、まだアプローチしたことのない潜在顧客のセグメントやそのセグメントの市場規模の算出し、購買理由や離脱理由をもとに改善すべき商品や生活者との改善すべき接点を特定します。

Loviewで可視化できること(主要4点を紹介します)

①ファンのグループごとの市場規模の推定
ユーザーがフォローしているアカウントをグループ化して分析。各グループごとの現状の市場規模と業界の占有率を推測し「どのグループに属するユーザーをファン化するか」を決める参考にしていただけます。

例えば「spiceboxクレンジング」(という商品)の投稿をしてくれているユーザーの日常的な投稿を分析したところ、育児グループ(子どもの写真や子育ての日々の投稿が多い層)、韓国グループ(韓国カルチャーの投稿が多い)、ストレッチグループ(ヨガやランニングの、筋トレの投稿が多い)、インテリアグループ(家の中の家具や植物の投稿が多い)にわけられました。市場規模の大きさと、占有率、またターゲット全体の規模と、ブランドが目指したい未来を掛け合わせながらグループを決めることが可能になります。

2_ポテンシャル

②ファンリストとファンの行動の推移データ
現在のファンの数や具体的なファンのリスト、ファンが指定期間中の行動が把握可能です。実際にお声掛けする(アンケートやインタビューなど)するファンの方を選出していただけます。

4_ファンリスト

③ファンのカスタマージャーニー
①②は定量的な分析から見えてくるデータですが、②で具体的にリストアップされたファンへの定性的な調査(アンケートやインタビューなどでのヒアリング結果)を掛け合わせて顧客体験をレポート化。各マーケティングファネルの具体的な課題点や、UGC(※)を増やすマーケティング施策のヒントを見つけることができます。

例えば現状だとライトな興味関心は持ってもらえているようだけど、実際に購入に向けての情報収集や比較検討になると、下がってしまう。情報収集に参考になりそうなコンテンツをファンに発信することを次のアクションにしよう、のような。

5_カスタマージャーニー

※・・・User Generated Contentsの略。企業やブランド発信ではなく、一般のユーザーによって制作・生成・投稿されたコンテンツのこと。

④ファンの属性情報
③と同じく①②のSNSデータとアンケート情報をもとにデモグラフィックや消費に対する価値観などの心理情報をグラフ化。

投稿データからは見えないけれど、知りたい情報(どの地域に住んでいるの? どんな職業?ブランドの魅力ってどんなところに感じている? )といったデータを、丁寧にインタビューして整理することで、ファンの姿がより立体的に感じられるようになるはずです。

6_ファンの統計的な属性情報

Loviewのこれから

Loviewは、冒頭にも書いた通り本日リリース発表したばかりの、できたてホヤホヤなサービスです。インフルエンサーを起用してプロモーションに取り組まれているブランドさま、そしてブランドの商品やサービスについてSNSで言及しているユーザーのみなさま、そして広告代理店と呼ばれる会社で奮闘しているみなさまにも、共感して、応援してもらえるようなサービスに、育てていきたいと考えています。

Loviewについて、気になることがあればぜひお気軽にメッセージを寄せていただけると嬉しいです。

この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さいこうにうれしいです!ありがとうございます!
広報とPR/銭湯とポテトサラダ、餃子とカレーが好きです。