エアラインラボ_サムネ

アポロnote NO.4 【ANA・JAL】 客室乗務員職の2次面接通過率を20%上げる戦術

みなさん、こんにちは。アポロ(@Apollo_biz)です。
最近は航空会社の採用番長(ボス)なんて呼ばれています笑

僕の運営するメディア『アポログ』もぜひチェックしてみて下さい!
アポログ:https://jinseikakumei.com

梅雨に入り、気圧の変化に弱い僕は毎日苦戦しております泣
皆さまも、どうか健康第一でお過ごしくださいませ。


さてさて、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私は『エアラインラボ』というオンラインサロンを運営しております。

✓新卒・既卒
✓CA・パイロット・総合職・GS・空港会社
✓日系大手・地方エアライン

様々な方が参加しているチームです。
いまでは100名を超えるチームとなり、自発的にイベントを企画したりしています。


「何としてもエアラインで働きたい!!」
「エアラインを受験したいけど、周りに同じような人がいない・・」

このようなお悩みをお持ちの方は、いつでもご連絡ください。
TwitterのDMが良いかと思います。

【エアラインラボ入会希望者はこちら】
https://camp-fire.jp/projects/view/131484


さて、本題に戻ります。
今週はANA/JALのCA職の2次面接ラッシュですよね。(JALは結果待ちの段階のようですが・・)


本編ではこのような章立てで話していこうかなと思います。


◆2次面接の面接官ってどんな人が担当し、どんな所を見ているの?
◆では、2次面接へ向けどんな準備をすればよいの?
◆2次面接で受かる人の特徴って?
◆まとめ


・・・はっきり言います。2次面接が関門です。

2次を通過したら、内定も夢ではなくなるとさえ言えると本気で思っております。
ですから、これから話すことをしっかり落とし込んで、1人でも多くの方に夢をつかんでほしい!つかみましょう!


◆本作を読んでいただきたい方◆
✓今週ANA客室乗務員職の2次面接を控えている方
✓これからエアライン各社の面接を控えている方
✓よく2次面接で祈られてしまう方


簡単に僕のエアラインにおける面接官経歴をご紹介します。
この記事の信憑性に関わってきますので、しっかりご確認下さい。

✓人事ではなく、現場社員として面接官を経験
✓CA職の面接官10回程度
✓パイロット職、総合職の面接官10回程度
✓主に1次2次面接を担当

2次面接を通過すれば、次は最終面接。


最終面接前って「これ乗り切ったら夢つかめる!!」とアドレナリンが出るので、正直メンタルコントロールは難しくありません。
「ここまで来たのに」というプレッシャーはありますが笑

それに比べ、2次はまだ中間地点なので非常にメンタルコントロールが難しい。


「どんな対応したらよいの?」

そんな想いを持ってる方向けに、全力の熱量を持って執筆させていただきます。


今回はANA客室乗務員職の2次面接を想定して話を進めますが、その他企業その他職種についても応用が利きますので、ぜひご覧くださいませ。


では、始めましょう!!!


この続きをみるには

この続き: 4,476文字 / 画像1枚

アポロnote NO.4 【ANA・JAL】 客室乗務員職の2次面接通過率を20%上げる戦術

アポロ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
【複業家】| 大手航空会社(総合職)→webマーケ|元面接官の経験を活かし、ハイレベル企業へのノウハウを伝授していきます|航空・陸運・海運・外コン・総合商社・電博・有名ベンチャー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。