⑤原画展には本来ない〇〇スペース
見出し画像

⑤原画展には本来ない〇〇スペース

PERCY PRESENTS

こんにちは
札幌を中心に活動する絵本画家の太陽と牛(たいようとうし)です。

ボクが2021年11月に開催した絵本「ライバル」原画展

前回の個展絵本「絵本じゃじゃじゃん原画展」では
絵が飾ってあるだけの展覧会独特の「シーン」としたイメージを打破するべく

子ども達が自由に絵を描くことのできる絵のフリースペースを設置しました。

ですが絵が苦手な子どもは参加できなかったのが課題でした

そこで今回は絵のフリースペースの横に遊びスペースを用意しました。

そこで用意したのが
こちらの、木製でクジラのイラストが描かれた積み木です。

①なぜ積み木なのか

なぜ積み木なのか?
それは太陽と牛が幼い頃から好きだったおもちゃだったからです。

絵を好きになる前は、ずっと積み木やブロックで遊んでいました。
ボクは絵を描くときは図形の組み合わせをイメージして描いていて
幼い頃遊んだ積み木が絵を上手くなる上では欠かせないアイテムだったと思います。

それもあり積み木を選びました。
手作りなので簡単な目的で、サイコロ上にしたのですが
以外にも素晴らしいおもちゃとなりました。


②一つで子ども達の成長に合わせ遊び方が変えられる


一見シンプルなおもちゃです。ただ四角に切った木に、2種類のイラストが描かれただけです。

ですがこれには狙いがありました。
それは、1つのおもちゃで年齢やその子の成長によって遊び方が変えられるということです。

このシンプルなおもちゃには、今発見できているだけでも5つの遊び方ができます。難易度順に紹介します

1、並べる
2、積み上げる
3、数取合戦
4、文字を作る
5、オセロ

このように、シンプルで簡単な遊びの中にも難易度は様々です。

③作るの大変だったので載せます

これはボクが手作りしたおもちゃです。
1,まずは角材をノコギリで切りました

2,ヤスリをかけます

3,ニスや色塗りをします

4,消しゴム判を彫って2面にスタンプします

⑤完成!

実はこれを作ったのは原画展の一週間前くらいの話し…
だけど頑張って作ってよかった!

そしてこのおもちゃは現在行っている絵本ライバルの製本化の為のクラウドファンディングのリターンにてリターンとしても販売しています。ハンドメイドの良さのわかる人はぜひチェックしてみてください!

この絵本は現在クラウドファンディングにて製本化に挑戦しています。
そしてクラウドファンディングのリターンにて製本に成功できた場合のみ
絵本を購入できますのでご協力と応援お願いします。

クラウドファンディングで絵本の製本化に応援はこちら
※2021年12月中旬に終了します。

https://camp-fire.jp/projects/view/438242


絵本ライバル原画展
2011年11月6.7日 札幌市教育文化会館
太陽と牛の絵本「ライバル〜負けたくないや〜」の原画12枚を展示する原画展。 会場では、展覧会独特のシンプルな部屋に絵だけが飾ってある静かな空間ではなく原画展示のほかに、子ども達が絵をかくスペースや、作品に関連した遊び空間、原画展示のほかに子ども達が絵をかくスペースや、弾き語りライブなども行われ、子ども達が飽きない工夫を施した原画展となった。 また、この個展は絵本ライバルのテーマでもある「自信になる機会」を作る為に、児童発達支援デイサービスなどの協力をいただき、子ども達の塗り絵も展示。来場した大人には「褒めカード」が配られ、気に入った子ども達の塗り絵にメッセージを残し親や先生以外の大人から「褒められる機会」を提供し、子ども達の自信となる機会を作り出した。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PERCY PRESENTS
子ども達が夢中になったり、ゲラゲラ笑ったりできるようなモノ作りをするチームを目指して発信しています!