絵本ライバルの原画展の結果報告
見出し画像

絵本ライバルの原画展の結果報告

PERCY PRESENTS

こんにちは
札幌を中心に活動する絵本画家の太陽と牛(たいようとうし)です。

ボクが2021年11月に開催した絵本「ライバル」原画展の結果報告します。

この記事を見れば
「そんなのあったの?」「行きたかったなー」
って方でも

きっと個展行ったかのような擬似体験もでますよ

ではどうぞ👋

①絵本ライバル原画展どうだった?

画像1

◆日時場所
・2021年11月6.7日(10:00-20:00)
・札幌市教育文化会館 ギャラリーホール

◆展示
・絵本ライバル原画12枚
・子ども達の塗り絵43枚

◆来場者  165名
・男性31 女性134
・大人117 子ども48

◆スポンサー
palms  tie
株式会社 JOB SOLUTION
ジビエ&コミュニティーカフェ シカトモ
・安田 直人
・KAEDE  Fishing  Club

◆協力
放課後等デイサービス に・こ・ぱ
放課後等デイサービス ど〜なっつneo

◆後援
DJ峰

②絵本ライバルの原画どんなものなのか

画像2

絵本ライバルの原画12枚を展示しました

クジラと海の絵を色鉛筆を使って細かく描きあげ
絵の中にはさらに「潮」「雫」「飛沫」など、原画展だからこそ近くで生の絵を細部まで見ることができました。
 また、解説を見る事で絵から伝わってくるメッセージは違ってきます。

全ての絵を解説しています。
絵を詳しく見たい方はこちら

③自信になる塗り絵を展示

画像3

児童発達支援デイサービスなどの協力をいただき子ども達の塗り絵を43枚展示。来場した大人には「褒めカード」が配られ、気に入った子ども達の塗り絵にメッセージを残し親や先生以外の大人から「褒められる機会」を提供し、子ども達の自信となる機会を作りました。

でも、当初の目的以上に意外な事がわかりこれからの原画展でも続けていきたいと感じました。

詳しくはこちら

④絵のフリースペース

画像4

塗り絵と自由な絵を楽しめるフリースペースを設置しました。一通り絵を見たら実際の絵を見ながら真似して描いたり、ボクと一緒に絵を描き絵を教えたりする事も出来ました。

元々は”子ども達が飽きないように”と作ったスペースでしたが親子で楽しむ姿や、子ども達の知らない才能に大人が気づく場面もありました。

詳しくはこちら

⑤新たな〇〇スペース

画像5

今回の個展から絵のフリースペース以外に、新たなスペースを導入しました。
それが

遊びスペース
作品に関連したクジラが描かれた手作りの積み木で遊んでもらうスペースを設置しました。何気なく作った積み木ですが、これもまた今後の個展でも必須になるような役割を果たすこととなりました。

詳しくはこちら

⑥展覧会らしからぬ会場装飾

画像6

”目指すはCHANELのファションショー”

会場に入ってまず「うわーすごいところに来た」と足が止まる
そんなテーマパークのような個展を目指します。

今回は「技術」と「アイディア」と「根性」で
色画用紙を使った装飾を選びました。

詳しくはこちら

⑦絵本が売っていない絵本の原画展

画像7

会場では、絵本ライバルのグッツを販売しました。

・ポストカード 1枚 ¥150
・ポスター   1枚 ¥2,000

なぜ絵本がないのか…
それは製本は1人力だけでは力不足だから。
だからクラファンに挑戦します!

絵本が欲しい方はこちらから応援お願いします!

詳しくはこちら


⑧クラファン成功で子ども達の入場料を無料に!

今回の個展は絵本ライバルを製本化する為に行われた個展でもあります。

でも初めてでいきなり製本化の大金をクラファン集めるのは…

って事で

個展開催の資金を集め「子ども達の入場料を無料にするために」
プレクラファンを行いました。

それがこちら

そしてなんと!!3日間で100パーセンと達成!

初めて1人でやるクラファンは勇気もいるしとっても大変でした。
その様子とこれからクラファンをやろうと思っている人はこちらを参考にしてみてください。

初めてなのに3日で100パーセント達成!
その道のりはこちら


画像8

という事で、現在は製本化に挑戦中ですので、絵本を気に入ってくれた方は
ぜひ応援とご協力お願いします。

この絵本は現在クラウドファンディングにて製本化に挑戦しています。
そしてクラウドファンディングのリターンにて製本に成功できた場合のみ
絵本を購入できますのでご協力と応援お願いします。

クラウドファンディングで絵本の製本化に応援はこちら





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PERCY PRESENTS
子ども達が夢中になったり、ゲラゲラ笑ったりできるようなモノ作りをするチームを目指して発信しています!