PERCY PRESENTS
絵本じゃじゃじゃん原画展
見出し画像

絵本じゃじゃじゃん原画展

PERCY PRESENTS

こんにちは
札幌を中心に活動する絵本画家の太陽と牛(たいようとうし)です。

ボクが2019年7月に札幌市教育文化会館で開催した
絵本「じゃじゃじゃん」原画展の結果報告します。

この記事を見れば
「そんなのあったの?」「行きたかったなー」
って方でも

きっと個展行ったかのような擬似体験もでますよ

ではどうぞ👋

①絵本ライバル原画展どうだった?

◆日時場所
・2019年7月12.13日(10:00-20:00)
・札幌市教育文化会館 ギャラリーホール

◆展示
・絵本じゃじゃじゃん原画12枚
・絵本じゃじゃじゃん下絵12枚
・絵本じゃじゃじゃんキャラクター10枚

◆総来場者数 102名

1日目(2019.7.12 10:00-20:00) … 26名
2日目(2019.7.13 10:00-19:00) ... 45名
試覧会(2019.7.11) ... 9名

男性 27名  女性 75名
大人(小学生以上) 85名
子供 17名

②絵本ライバルの原画どんなものなのか

絵本じゃじゃじゃんの原画12枚を展示しました
様々な特徴や個性が詰まった秘密基地を色鉛筆を使って細かく描きあげました

「こんな場所にこんなものが」「こんなものを見つけた」など
秘密基地に描かれているものにも注目してみていただけました。

③下絵とキャラクター画を展示

ボクの絵には下書きが存在します。
下書きをして、新しい紙にペン入れを行い色を塗ります

気に入った下書きの上から色を入れようとすると
失敗を考えてしまい
描く自信がなくなって描けない事があります。

なので下絵を存在させ何度も描けるようにする事は
失敗を恐れず挑戦できること
何度し敗してもやり直せる
という子ども達へのメッセージでもあります

④絵のフリースペース

塗り絵と自由な絵を楽しめるフリースペースを設置しました。一通り絵を見たら実際の絵を見ながら真似して描いたり、ボクと一緒に絵を描き絵を教えたりする事も出来ました。

元々は”子ども達が飽きないように”と作ったスペースでしたが親子で楽しむ姿や、子ども達の知らない才能に大人が気づく場面もありました。

⑤会場の足跡の秘密

それぞれの秘密基地の絵の前に、住人である動物の足跡をつけました。
絵の中の秘密基地に動物達が帰っていったかのようなイメージです。

そして、その足跡を使って会場で子ども達が遊べるクイズも用意し楽しんでもらいました。

でも本当の理由は
会場には入っていけない場所の注意書きを無くしたかったんです
「ここは触ってはいけません」「ここに入ってはいけません」など
あれはダメ、これはダメ、あれもダメ、これもダメ
そういう表示をなくしたかったんです
ここから先は絵本の中の動物達の世界で ここまでは人間の世界を
決め入らないであげようねというダメを使わずにルールを学んでもらおうと思いました。

⑥展覧会らしからぬ会場装飾

”目指すはCHANELのファションショー”

会場に入ってまず「うわーすごいところに来た」と足が止まる
そんなテーマパークのような個展を目指します。

今回は「技術」と「アイディア」と「根性」で
三角の旗を天井から下げたり

ろうそく電気を使いランタンのような照明を取り付けました。

⑦絵本を初めて販売

会場では、絵本じゃじゃじゃんのグッツを販売しました。

・ポストカード 1枚 ¥150
・ポスター   1枚 ¥2,000

そして初めて絵本を販売できました。
・絵本     1冊 ¥5,000

世界に一つだけのデザインであり、そして何より本屋には絶対売っていない
デザインの特別な絵本です。

絵本画家 太陽と牛(たいようとうし)◆  1989年 北海道釧路市出身

 小さい頃に諦めた画家の夢を叶えるべく2019年より札幌を中心に活動を開始。絵本には登場人物が出てこない物が多く、細かく建物など色えんぴつで描いた絵で、読んだ人によって違った読み取り方のできる多様性のある絵本が特徴。代表作「じゃじゃじゃん」を2019年に発行。
 芸術活動の他にも、小学生に絵の授業、中学校で職業講話などを行い、2020年市立札幌大通高校ミツバチプロジェクトにて高校生と一緒に絵本(太陽と牛:作 市立札幌大通高校:発行 「いただきます」)を発表するなど、発達支援デイサービスでのボランティア経験を元に、教育や障がいにも関心をよせ芸術活動とは別に自身が企画する「絵本ライバル製本化プロジェクト 絵本「ライバル」制作」にも取り組み、「子ども達の自信になる機会を」テーマに「原画展」や「大人向けのお話し会」や「絵のワークショップ」などのイベントにも取り組み最終的には”素人だけで作る映画化”を目標に活動している。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
PERCY PRESENTS
北海道札幌市でイラスト描いている人です