#25【基礎編2】デジタル音声広告の「純広告」と「運用型広告(プログラマティック)」の違いをわかりやすく解説
見出し画像

#25【基礎編2】デジタル音声広告の「純広告」と「運用型広告(プログラマティック)」の違いをわかりやすく解説

八木たいすけ(オトナル)

音声とマーケティングを考えるポッドキャスト『オトマーケ』。
今回は以下のテーマでお話しました。

#25【基礎編2】デジタル音声広告の「純広告」と「運用型広告(プログラマティック)」の違いをわかりやすく解説

画像1

/デジタル音声広告のインストリーム広告(Dynamic Ad Inserted:ダイナミックアドインサーション/DAI)には「純広告」と「プログラマティック(運用型広告)」が存在する。

/デジタル音声広告の「純広告」の特徴とメリット。

/デジタル音声広告の「プログラマティック(運用型広告)」の特徴とメリット。

ポッドキャストの再生は以下から。

▼各ポッドキャストアプリで聴くには以下からどうぞ

オトマーケをAmazon Musicで聴く

ツイッターもやってます↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
\♫♬ありがとうございます!♫♬/
八木たいすけ(オトナル)
株式会社オトナル( https://otonal.co.jp )代表。楽器屋で起業(26歳)→DtoC起業→ウェブメディア事業化→事業売却→現在🎧 音声領域(音声広告・音声配信)での市場創造・マネタイズ創出がミッション🏄‍♂️著書『いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本』(インプレス)