見出し画像

【食の編集者養成クラス】僕と一緒に食を学びたい方募集します

食の編集者養成クラス第2期が1月から始まります

春に開講したフードスコーレ。その食の編集者クラスにて、僕はゲスト講師を担当させていただきました。第1期のダイジェスト版はこちら。

ありがたいことに第二期も、引き続き講師として参加させていただきます。

食の編集者とはなにか

食のリテラシーを高める学びの場、フードスコーレ。その一クラスである食の編集者クラスでは、食の生産から料理までの流れを学ぶことで、自身の食を豊かにする(能力・編集力を身につける)全8回の講座です。

オンライン講座から豊洲市場見学まで、幅広く学び体験できる

スケジュールはリンク先を見ていただきたいのですが、オンラインの料理体験から豊洲市場見学、農園見学と幅広く組まれています。

画像1

-オクラの育ち方、実のなり方、花を見て味わう、五感で記憶する-

現地でしか味わうことのできない空気、生産者の想いを感じることで、普段の食に向き合うきっかけを得ることができます。

食に関心のある仲間と出会える

フードスコーレの受講生は食に関心があり、自ら一歩踏み出してくれた想いのある人たちばかり。年齢・職業はバラバラでも、一緒に学ぶ中でそれぞれのやりたいことを実行でき、イベントに参加し合う仲間が増えます。

・きなこ好きが開く、きなこ20種類食べ比べときなこ料理が振る舞われた『きききなこの会』

受講生が開くマルシェに、見学を受け入れてくれたHasune Farmさんの野菜を販売するコラボ企画

画像2

画像3

画像5

-受講生の最終プレゼンの様子-

数回しか顔を合わせていないのに、同じ想いを持っているとすぐに行動に移すことができるんです。

自身の食との向き合い方を考えたい方、食に興味がある仲間に出会いたい方、ぜひ僕と一緒にフードスコーレで学びませんか?

ご参加お待ちしております。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
これから料理を始める方、始めたばかりの方にヒントになれば嬉しいです。ケータリング9年目、食品ロス削減のヒントを考えるイベント「サルベージ・パーティ」の公認シェフ、フードスコーレゲスト講師としても活動中です。趣味は茶道、均整術師(整体)の資格も持っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。