Xデザイン学校2021年マスターコース第3講、第4講
見出し画像

Xデザイン学校2021年マスターコース第3講、第4講

すっかりと間が空いてしまいましたが、Xデザイン学校マスターコースも第3講を7月17日、第4講を8月21日に受講しました。

ひとまず、noteを書くのが遅れに遅れたのは仕事関係に時間をとられ余裕がなかったという事です 笑
結果、疲れていたのか、お盆に帯状疱疹がでてしまい、激痛の中仕事をしたりで更に疲れがでるという。。

現在は病院の薬のおかげで順調に回復しております。
薬の効果って凄いですね。ホント。

ざっくりと学んだ内容は

・第3講:観察調査、インタビュー調査
・第4講:調査の分析、調査結果からのビジネスアイデアの発想

です。

正直な所全然、思っていたようなインタビュー設計もできなかったですね。
これは、仕事優先でインタビュー設計に時間をかける事ができなかったのもありますが、やはり経験が不足している事を実感しました。
知識ベースでは頭にあるけど、それをいざ実践に活かそうとするとうまく形にできないという。。

こうなると調査結果からのビジネスアイデアの発想もインタビュー調査やその分析がうまくできていないので、アイデアの発想もうまくいかないという感じです。

色々とうまくいかない事ばかりですが、やはり、普段の仕事でしっかりと観察調査やインタビュー調査などをしっかりと実施しない事が多いからだと思いました。

スモールビジネスや地方の零細中小企業の場合だと、このような調査をする前に結果をついつい求めがちなので、ビジネスサイドの経験値をベースに思い込みでアイデアを発想するケースが多いですが、今回のような調査を講座で体験して思ったのはやはり、

「いかにして、リサーチを会社の文化にするか?」

これにつきるなと。

どんなに素晴らしい手法や考え方もそれを受け入れてもらえないと役に立たない。UXデザインやデザイン経営がビジネスとフィットするにはまだまだ取り組むべき事があるなあと。

とりとめのない文章になりましたが、不完全燃焼ではありますが、止まっても意味がないかなと思うので、第5講に向けて準備を進めていきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただき嬉しいです。
ビジネスとデザインのよい関係とは何だろう?と問いかけ、考えながら日々お仕事をしています。 北九州市在住/株式会社ワクグミ/代表取締役/ビジネスデザイナー