見出し画像

Xデザイン学校2021年マスターコース第2講

2021年6月19日(土)にマスターコースの第2講を受講しました。

第2講はビジネスインタビューとビジネスモデルという事で、ビジネスインタビューで現状を把握し、未来のビジネス、具体的には5年後のビジネスのビジョンと戦略を考え、それをビジネスモデルキャンバスで可視化をし最後に、プレゼンテーションするという内容でした。

講座は1名ではなくチームで取り組むのですが、個人的にはやはりチームが何をして、何を成果とするのか?ここをしっかりと共有できず、インタビュー時の質問設計が甘くなり、結果、インタビュー内容をうまくアイデアにつなげ、戦略やビジョン、ビジネスモデルキャンバスにうまく落とし込む事ができなかったなぁ。という感想です。

幸いにして、我がチーム内には、誰もが知る大手企業で事業戦略立案の仕事をしていて、更にサイドプロジェクトで社会課題解決の事業立案に取り組まれているという方がいます。
今回はその方のアイデアをベースに、ビジネスモデルキャンバスへの落とし込みの部分もリードしていただけたので、発表までなんとかこぎつけた部分が大きかったなあ。。というのが感想です。

もちろん、この方以外のメンバーも大手企業でバリバリとご活躍されている方ばかりでしたので、ワークが進めば、ビジネスインタビューから洞察し、様々なアイデアを場に提供していただき、それが先のビジネスモデルをよりよいものにしていく源泉となりました。

ただ、先にも述べたように、私個人とては、やはりチームが何をして、何を成果とするのか?ここをしっかりと共有できていれば、更に良いビジネスインタビューができたし、結果として、よいビジネスモデルの提案もできたのではないか?と感じたので、やはり、チームで何かに取り組む際には目的の共有、Xデザイン学校で学んだいるので「ビジョン」という言葉に置き換えてもいいのかもしれませんが、ココの共有って本当に大切な事だなあ。。というのを実感しました。

第3講まではまだ時間もあります。
その間にチームでミーティングをし、講座の目的などを改めてチームで共有し、可能そうであればもう1案位はビジネスモデル案を作成できればなと思います

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでいただき嬉しいです。
ビジネスとデザインのよい関係とは何だろう?と問いかけ、考えながら日々お仕事をしています。 北九州市在住/株式会社ワクグミ/代表取締役/ビジネスデザイナー