ギターを買った話

日本帰国の合間に、ゴミ袋5つ分くらいモノを捨てたり実家に送ったりしているのだけど、久々に大きなものを買った。アコースティックギター。

きっかけは、先日のスリランカ。現地のチームのみんなと宴会があって、久しぶりにアコギ弾きながら歌を歌った。プニプニの指で数年ぶりに弾いても覚えていたLet it beを歌ってみて、ああ、自分はこれを求めていたんだ、ということに気がついた。自分が何に渇いているのかを気づいた、というべきか。

LIPのベトナムのマイクロファイナンス機関に投資をしたファンドがとても高いリターンで返ってきたので、そのお金で機内持ち込みができるサイズのギターを買って、ビートルズの全曲のコード譜をキンドルで買い、弾き始めた。たぶん、これから行く国々に、僕はこのギターを持って行くんだと思う。仕事を一緒にする人たちと歌を歌いたい。

大学生の頃はただコードを弾いたり、コードに時々メロディを混ぜてアルペジオするくらいしかしてなかったのだけど、この歳でも続けるためにはちゃんと練習しないとダメだと分かっているので、教則本も買った。

ギターの練習方法はよく分からないのだけど、きちんとした教則本を買って、ちゃんと毎回チューニングして、メトロノーム聴きながら、ひたすら弾き続けることが最高の練習なんだろうとは思っている。

(もし良い教則本とか練習方法があれば教えてくださいませ)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ストゥーティ!(シンハラ語)
40
誰もが金融サービスを利用できる世界をつくるため、国籍を持たず世界をさすらっています。http://gojo.co/

この記事が入っているマガジン

日記
日記
  • 62本
コメント (2)
教則本は必要ないかも。ひたすら好きな曲に合わせて弾きまくること。ですかね。。
正確なチューニングをする
メトロノームでテンポを体に染み込ませる
ひたすら好きな曲を習得する

日記に書かれてらっしゃる通り。これが、一番の上達法です。

音源を聴いていて、どんな奏法なのか?
と、行き詰まった部分は、教則本やYouTubeの教則動画などが役立つかと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。