TADAO HARADA

【Twitter】@harapion 「精神Geistの政治学」『駿台フォーラム:9』。 「前衛都市のメタフィジカ」『たのしい前衛:アーバンギャルドFC会報:1~2』。 「アーバンギャルド☆クロニクル」『前衛都市を知りたい子供たち:1~5』
固定された記事

前衛都市のメタフィジカ~アーバンギャルド論

※本稿は、2015年夏から2019年夏にかけて刊行された『前衛都市を知りたい子供たちVol.1~Vol.5』孤独な惑星社刊に寄稿した『アーバンギャルド☆クロニクル』を一本…

スラヴォイ・ジジェク『パンデミック』(ele-king books)を読む

ここで取り上げる新型コロナウイルスに関する知見は、複数の報道をまとめただけであり、オリジナリティーはない。最も信憑性の高い知見については、厚生労働省の新型コロナ…

未来の哲学のためのプロレゴメナ ドゥルーズ=ガタリからシャルル・フーリエへ

ジル・ドゥルーズとフェリックス・ガタリによる『アンチ・オイディプス ~資本主義と分裂症』市倉宏祐訳の河出書房新社単行本、または宇野邦一訳による河出文庫、この本は…

松永天馬・浜崎容子・おおくぼけい・藤谷千明『水玉自伝 アーバンギャルド・クロニクル』ロフトブックスを読む

 アーバンギャルドの現メンバー(松永天馬・浜崎容子・おおくぼけい)による『水玉自伝 アーバンギャルド・クロニクル』(ルーフトップ/ロフトブックス)が刊行された。…

『存在と無』について

ちくま学芸文庫版の『存在と無』(全3巻)が完結した。文庫版になったので、ポータブルに持ち歩けるようになった。  サルトルの哲学は、あらゆる権威をぶち壊しであり、…

中沢新一著『芸術人類学』を読む

※読書ノートです。私固有の考えのところには、<>がついています。『芸術人類学』に触発されて、他の事を考えたりしていますので、何かの参考になるかもしれません。 な…