はじめての薪割り
見出し画像

はじめての薪割り

こんにちは。
和紙職人見習いのますだです。

本日は、はじめての薪割りをご紹介します。
「紙漉きと関係ないじゃん。」
と思われたそこのあなた。
実は関係あるんです。

和紙は、楮(こうぞ)や三椏(みつまた)という木の繊維からなる、という話を、先日ちらっとしましたが、
木の状態から、紙を漉くときの繊維の状態にするまでに、
木を蒸したり、煮たり、という工程があるようです。

その工程は↓のような大きな釜で行われます。

ここを熱するのに薪が必要になってきます。
(あとは工房の暖炉にも使うと思いますが。)

ということで!


からの〜

ああ。笑

やっぱはじめは、上手くいきませんでした。
が、
少しずつ慣れて、後半は上手くいくこともありました!

あとはコチラ!

チェーンソーマンになりました。
コチラも初体験。
割と上手くできました😎
先生が懇切丁寧に教えてくれたおかげです。
ありがとうございました!

この薪を使って、和紙の原料をつくるところも、
またの機会にお伝えしたいと思います!
それでは!


【追伸】
薪割り後に、こんなところへ連れてってもらいました。

近くにこんな気持ちの良い大自然。
最高です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
和紙職人見習い。をやりながら、日本全国のJリーグクラブを周り、夫婦で旅をしています。只今、12/57チーム #和紙 #修善寺 #サッカー #シューズ開発 #トライボロジー #旅 #動画制作 #英語もちょっとは #片付けおじさん #ますだ家チャンネル