見出し画像

切手COL[鍵の大聖堂]

オーストリア/2007年発行/鍵、彫刻

[Michael Blümelhuber](1865-1936)オーストリア生まれの、鋼の仕立て屋さん!と翻訳機は言いました。彫刻家なのかな…いやはや、ドイツ語は難しいですね。英語も苦手ですが…

ナイフやハサミなど鋼を加工する仕事をしていた(と解釈)マイケルは、鋼でアート作品も作っていて、その中でも代表的なものが1924年に作られた[リンツ大聖堂]。神の遣いともされている鳩、跪く天使、挿し込みの部分は細く装飾が施されています。

切手にされているのでミニチュアっぽく見えるのですが、どうやら29センチある作品らしいです。大きな鍵です(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!!
切手とか鉱物とか活字とかを蒐めるのが好き https://twitter.com/tachibana

こちらでもピックアップされています

Lupe
Lupe
  • 61本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。