見出し画像

おいしいお茶が飲みたくて*取材記

日本各地のお茶どころでは一年で一番忙しい茶摘みの季節がせまるある日、京都のお茶の生産地、和束を訪れました。和束は茶畑に囲まれいて、どのお宿さんも気軽にお茶に触れることができるので、gochi荘でも人気のエリアです。今回はお宿さんgochi荘の新しい企画のご相談や初めて訪れるお宿さんの取材をしました。

■茶畑を眺めながらの贅沢コース仕立てランチ

和束に着いてgochi荘サイトにも掲載中のゲストハウスBLODGE LODGEさんへ。

画像1

オーナーの育子さんとは昨年gochi荘主催のイベントでお茶のワークショップをしていただいた以来の再会です。
「お茶をどうぞ」と淹れていただき、一服。やっぱりおいしい!

イベントの時に淹れていただいた和束のお茶がおいしくておいしくて。お茶の試飲でおいしさに驚かれお茶を購入される方も多く、盛況でした^^

画像2

gochi荘の新しい企画をご相談し、事前にお願いしていたお待ちかねのランチです。

前菜はたけのこの木の芽和えに新わかめと新玉ねぎのナムル、白菜とゆずジャム和え

画像3

ゆずジャムは今回育子さんとともに作ってくださっているお母様の手づくり!白菜とゆずジャムの組み合わせは初めて。
続いて海老と野菜のアボ泡醤油かけ

画像4

醤油と豆乳とゼラチン、アボガドで作った泡醤油がもう絶品!家でも作ってみたくなります。
メインはたけのこと牛肉巻き

画像5

お肉を卵にからめていただきます。たけのこが柔らかくてでもはごたてもあってお肉に負けない存在感。
ごはんと麦味噌のお味噌汁

画像6

お味噌汁に使われている麦味噌も手づくりだなんてすごい!
デザートはいちごと赤ワインのムース。私は一緒に和紅茶を。

画像7

育子さんはマクロビの勉強をされた経験をお持ちなのでお料理上手なのは知っていましたが、お母様もやはりお料理上手。
お野菜もほとんど自家製でからだに優しくかつおいしい贅沢ランチでした。

BLODGE LODGEさんとgochi荘との新しいコラボ企画も進行中!夏前の発表予定です。お楽しみに★

実はBLODGE LODGEさんを訪れたのはもう一つ目的があって、育子さんのお隣に写っている金丸弘美さんの取材もあったのです。

画像8

金丸さんは食環境ジャーナリスト・食総合プロデューサーで、地域の食のブランニングなど日本全国でご活躍されている方です。
なんと有川浩さんの小説『県庁おもてなし課』の最後の対談でも登場されています。私も本を持っているのに気づかなくて、金丸さんから「最後まで読んでね」と(笑)帰って家に読みました。

画像9

今回の取材の内容は住生活産業総合雑誌「ハウジング・トリュビューン」に掲載予定だそうです。ちなみに今年の613号でgochi荘も取り上げてくださいました。
「ハウジング・トリュビューン」
https://htonline.sohjusha.co.jp/ 
WEB版
https://htonline.sohjusha.co.jp/rensai/kanemaru-report/

金丸さんの豊富な経験と行動力には脱帽で、毎回お聞きする話が面白くて勉強になります。今回もありがとうございました。

■茶畑を望む一棟貸し宿

次は育子さんのご紹介で2018年に開業された風和里さんへ。
◆農家民宿 風和里(ふわり)

画像10

元々建物はオーナーの西中理都子さんのご実家で、築80年を越える愛着のある家を1年かけて手入れしてオープンされた一棟貸し宿です。
お話させていただいたダイニングルームからはこの景色!

画像11

「お茶をどうぞ」と。和束を訪れるとみなさん当たり前のようにすぐお茶を出してくださって、お茶が日常にあるのもそうだけど、おもてなしの心がすばらしい場所。

画像12

「宿泊の方にも自由に飲んでもらえるようにポットでお茶を用意しているんだけど、みなさんおいしいおいしいって、お茶っ葉が全部なくなってる時もあるのよ(笑)」とお客様に喜んで帰ってもらうのが一番だと理都子さん。

お部屋も見せていただき
ダイニングルーム

画像13

寝室

画像14

画像15

広いお庭ではBBQができるそう♪

画像16

そして見せてくださったのが土鍋

画像17

「茶粥を作ると本当に美味しいのよ」と理都子さん。茶粥食べてみたいな☆昨年の春までは朝夕料理の提供もされていましたが、1人でされていて大変で、現在は素泊まりのみでされています。

画像19

風和里さんもgochi荘サイトでも近日中掲載予定です。お楽しみに☆

■お知らせ◆gochi荘『旅のご相談窓口』できました

画像18

gochi荘でどこか行きたいけれど…どのお宿さんがいいかわからない。
子どもがいても大丈夫かな?
この日しか行けないけど空いてるのはどこ?
交通機関もセットでお願いできる?
ワーケーションで長期滞在したいのだけど?
などなど…
少しでも旅のお悩みを持つ方へ、gochi荘の事務局スタッフに、オンラインで無料相談ができる「15分の旅相談窓口」を期間限定で設けました。
▼gochi荘『旅のご相談窓口』
https://docs.google.com/forms/d/1DC-7lrf-yNd12vjKinkiSp07-Epux0ABcSSebx3eEyw/edit

小さくてすてきなお宿さんが
各地で『おいしい時間』を携えてお待ちしています。
ここが、みなさまの新たな旅の入り口となりますように。
Bon Voyage!

Written by.... Hiromi from Table a Cloth. CO

▼ 『gochi荘』:里山でおいしい体験ができる宿泊予約サイトhttps://gochisouoyado.com/

画像20

▼『gochi荘』に関するお問い合わせはこちらまで
gochi荘 運営事務局: 株式会社 Table a Cloth (テーブル・ア・クロス)
Table a Cloth HP : http://tableacloth.com/
gochi荘 HP : https://gochisouoyado.com/
お問い合わせ: info@gochisouoyado.com
『おいしい旅』のプランニング・手配を専門とする旅行会社です。
大阪府知事登録旅行業 第3-2945号

#TableaCloth #テーブルアクロス #旅行会社 #旅行 #オーダーメイド旅行 #おいしい旅 #女子旅 #新婚旅行 #ハネムーン #食旅 #ワイン旅 #traveldesigner #gochi荘 #gochisou #gochisouoyado #tableacloth #宿泊予約サイト #農家民宿 #アグリツーリズモ #国内旅行 #家族旅行 #古民家宿 #一棟貸し


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『スキ』ありがとうございます^^旅の素敵な情報を今後も発信します*
2
「おいしい旅」をコンセプトに、オーダーメイドでプランニングを行う旅行会社。 その土地に出かけてしか出会えない『ローカルな食事の楽しみ』から、世界で一番おいしい旅を提供しています*