見出し画像

秋の味覚を探して:篠山取材記 Day.1

黒枝豆の季節です^^
宿泊予約サイト『gochi荘』の取材で篠山を訪れました。

画像40

この時期に篠山を車で走ると、道沿いには黒豆の直売テントがたくさん!

画像3

画像2

画像4

篠山では10月に解禁され、10/5〜25の20日間ぐらいしか販売されないという貴重な期間。

どこかで買いたいなと、ご案内いただいたのはここ。

▼岸田さんの直売所
兵庫県丹波篠山市日置付近 国道372号線 北側

画像6

なんとこの86歳の岸田さんが、18年前に黒豆を枝豆で販売することを思いつかれ、黒枝豆の海の親なのだとか!

画像5

畑からのもぎたて枝豆をそのまま、葉を取り販売されてるので鮮度は抜群そのもの*

画像7

黒枝豆のおいしい食べ方も教えていただいちゃいました^^

<黒枝豆のおいしい茹でかた>
1. 豆の下処理
調理の直前に枝からちぎり(枝は水分補給の役割をしているのでぎりぎりまでそのままで)
鞘の端、おしりの部分を塩が染み込みやすいように切っておく
2. 茹でる
大きめのお鍋に大さじ1杯ぐらいの塩を入れる
沸騰させてからちぎった豆をいれる
茹で時間は約5分〜10分。短ければ固めのぶりんとした食感を楽しめ、長ければ甘みが増すのでお好みで^^
※うめたんさんレシピ: 5分ほど茹でて、そのまま7分ほど塩水鍋のなかにつけておくと塩が染み込んでおいしいそうです^^

そして、篠山の「福住」というエリアをご案内いただきました。
とても素敵なお店やお宿さんがギュッと集まっていたので少しだけご紹介。

▼magnam coffee
https://magnum-millpour.com
素敵な篠山を牽引する、パイオニア的存在のコーヒーやさん。

画像9

昭和初期に建てられた芝居小屋を改装したという空間には、ステージの面影。

画像10

豆も、エチオピアなどのコーヒー農園さんと直接契約をして仕入れられているとか。

画像11

とてもおいしい珈琲をご馳走になりました。


▼ Aoashi GUEST HOUSE
https://aoashi-gh.com/
世界中を旅した素敵なご夫婦が、去年にオープンされたゲストハウス。

画像12

画像13

古い生活道具を上手に使って手作りでリノベーションされた空間は、素敵なセンスが随所に散りばめられ、薪ストーブもありとても心落ち着きます。

画像14

画像15

画像16

画像17

gochi荘でご紹介できる日も近いかも^^です*

そしてランチにと同じ福住にある新しいパン工房に連れて行っていただき。

▼なりとぱん
http://hitotokoto.com/naritopan/
magnam coffeeさんと同じ福住エリアで、今年大阪から篠山に移住され、素材にとてもこだわりを持つパンやさん。

画像18

サンドウィッチの無農薬野菜たっぷりの
テイクアウトスープランチ 1,080円 を。

画像19

天気がいいからお外で。気持ちいいー^^
具沢山のスープもとっても濃厚。しあわせランチでした。

画像20

画像21


いつものごとく食べてばかり!ですが(笑)、おいしいものがと言われたら断る理由が見つからず、お土産にも大丈夫と次に訪問したのがこちら。

▼おくも丹波黒豆肉粽
https://okumo-chimaki.com/
移住してこられて女性店主さんが、本場台湾で学んだ技術で黒豆たっぷりの粽を作られ、今年にオープンしたばかりというチマキやさん。

画像22

丹波黒豆肉粽(ちまき) 540円をひとつ。

画像23

画像24ここのちまきは、台南式でなんせ「茹でて」食べちゃうという。
そして黒豆醤油ダレと黒豆きな粉をかけていただく特別感。

明日の朝が楽しみーーーー!!!!^^
旦那さまの趣味という、古本と台湾雑貨のコーナーも素敵でした。

画像25

そしてもう1軒、素敵な古民家宿さんに取材をさせていただき。

▼古民家ゲストハウス やまぼうし
https://kominka-yamaboushi.com/

画像26

画像27

画像28

畑には、元気なお野菜が青々と!

画像29

おしりが割れてると食べ頃なのよと、イチジクをいただいちゃいました。

画像30

あぁ素敵でうれしい出会いばかり。

今回も。いつも篠山の素敵な場所・人と繋げてくださるこの方。
梅谷 美知子さん(下写真左)。

画像31

人と人を繋ぐ縁の星の元に生まれた、篠山の宝物だと思う。大好き!

今回篠山に来た最大の目的は、美知子さんが今年篠山でお宿をオープンされたため。ずっと取材させてねと言い続け、念願の訪問が叶いました^^

▼丹波篠山の田舎民宿「うめたんFUJI」
https://www.umetan.net/

画像32

ずっと探していて、ご縁で譲り受けたという伝統家屋の素敵なお城。

画像33

画像34

子供ちゃんのお迎えで夕方には帰らなきゃいけない私のために、取材もかねてと、地元のジビエ:鹿のローストや猪鍋などをご用意してくださっていました。本当にお料理上手。

画像37

画像37

画像37

時間はまだ15:00。なんと贅沢なおやつなのーーーーー!!!!
幸せ極まりないのに、旬の黒豆のおにぎりも。

画像38

お土産にもいただいて、1歳の息子がとても嬉しそうに食べていました。

その夜、私は篠山の恵で晩酌。訪れている間も、帰ってからの時間も美味しくて楽しい篠山の1日でした。

画像39

スタッフの一人はうめたんFUJIに宿泊、明日も篠山を巡る予定なので、続きをどうかお楽しみに。

お料理が絶品のお宿「うめたんFUJI」も間も無く、gochi荘に登場予定です!

画像40素敵なご縁を今日もたくさん、ありがとうございました。

▼『gochi荘』に関するお問い合わせはこちらまで
gochi荘 運営事務局: 株式会社 Table a Cloth (テーブル・ア・クロス)
Table a Cloth HP : http://tableacloth.com/
gochi荘 HP : https://gochisouoyado.com/
お問い合わせ: info@gochisouoyado.com
『おいしい旅』のプランニング・手配を専門とする旅行会社です。
大阪府知事登録旅行業 第3-2945号

#TableaCloth #テーブルアクロス #gotoキャンペーン #gototravel #旅行会社 #旅行 #オーダーメイド旅行 #おいしい旅 #女子旅 #新婚旅行 #ハネムーン #プレ花嫁 #食旅 #ワイン旅 #traveldesigner #gochi荘 #gochisou #gochisouoyado #tableacloth #宿泊予約サイト #農家民宿 #アグリツーリズモ #国内旅行 #家族旅行



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
『スキ』ありがとうございます^^旅の素敵な情報を今後も発信します*
4
「おいしい旅」をコンセプトに、オーダーメイドでプランニングを行う旅行会社。 その土地に出かけてしか出会えない『ローカルな食事の楽しみ』から、世界で一番おいしい旅を提供しています*

こちらでもピックアップされています

▼旅行会社Table a Cloth 総合情報
▼旅行会社Table a Cloth 総合情報
  • 12本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。