見出し画像

梅雨でじめじめの脳で嫌いなマネタイズを考える

あー。沖縄いきたい。

こんにちは。こんばんは。おはようございます。

梅雨は嫌いです。低気圧。

でも初めて梅雨のメリットを見つけました。

畑に水を上げなくていい!

朝の一手間が省けていいね。

でも野菜との触れ合いの機会が減っちゃうのは嫌だな。野菜はどうあがいたって、命はだいたいあと100日。

100日で死ぬトマト。始めようかな。

こうやって、徐々に愛着がわいてくる中で改めて農家さんの大変さとすごさを理解しました。

1.中国は思ったよりもすごかった

本当のところはわからないけど中国産の何かを下に見てるのは日本くらいじゃないかな。

電気製品は確実に中国のものを買いますしね。ディスプレイとかわざわざ日本の高いの買う必要ないよね。

ところで野菜はどうなのだろう。

全世界の野菜の生産量。半分が中国なんですね!

出典:https://www.alic.go.jp/content/000151896.pdf

通りで不買運動起きないわけですよ。不買運動は死につながってますから。

首根っこつかまれてるようなものですね。でもそれに見合う賃金を中国の農家の方はもらっているのでしょうか。

たまにドキュメンタリーで中国の農村とかの様子を見れますが、裕福には見えないような気がします。世界で2番目に豊かな国なのに。

とことん巨大だけど、とことん謎多き大国ですね。

2.消費者が求める安全性とは

1.たばこ
2.豚肉
3.牛肉
4.とうもろこし
5.生鮮・乾燥果実
6.アルコール飲料
7.鶏肉調整品
8.製材
9.木材チップ
10.さけ・ます

これは何の順位でしょうか。

2018年度の日本の輸入品目の金額の多寡によるランキングです。

確かに身近というか、日本ではそれほど量が作れなさそうな品目が多いですね。

中国から日本への主要な生鮮野菜の輸出品目は、たまねぎ、ねぎとその他のねぎ類、にんにく、にんじん及びかぶである。

お隣からはこんな感じの野菜を輸入していると。なるほど。

僕は別に国産のものに拘ってはいないです。

国産は安全って言ったって日本の農薬使用の規制の緩さを知っているんだとしたら何をもって安全だと言っているのかなって思います。

いや、わかんないですよ。

ほんとはこうだとか、実際はこうだとか、海外でもこうだとか言われるかもしれないけど。

農家さんが農薬を使わないってホントに大変なんです。

農薬使わないと僕たちが求める供給量に追いつかなかったり、ほんとは食べられるものも廃棄にしなきゃいけないという現状は間違いなくありますよね。

安全なものが食べたい。それもたくさん。

そんな自分の都合ばっかり言って。

そんなあなたへ僕の中学校の恩師の言葉を送ります。

「自分の都合で人生語るな!」

自分で自分の首を絞めてる。法改正はやっぱり大事ね。

僕が読んだ記事は今年の2月に書かれたものです。横浜のクルーズ船の対応が後手に回ったあの時期ですね。

これしか読んでないけど、至極当然の意見じゃないか。体に良いか悪いかわからないものは使わない。当然です。

https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20200227-00164871/

まだヨーロッパが対岸の火事だと思ってた時だね。

つまり今も農薬の危険性は変わらない。中国のものと安全性でも味でも、何が違うのかわからない商品が並んでるんです。

3.日本の強みを生かせる仕組み

日本はほんとに狭い国だと思います。

海入れないで、国土だけみると。

だからこそ、高品質で安全で高価な野菜や畜産ができる場なのではないかとあらためて思いました。

100円のものを10個売るのと、1000円のものを1個売るの。どっちが大変なんでしょう。やり方次第ですよね。

僕の両親はもともと同じ会社に勤めていました。その会社は無農薬野菜の宅配をやってます。

僕はちっちゃな頃からほんとのホントに無農薬の野菜や果物で育ってきました。これは幸せなことだったと思います。冷凍食品とかも中学生になるまで食べたことなかったもの。

ほんとに野菜の味は違うものになりますよ。無農薬の桃。職人みたいな生産者が作ったあの桃はものすごいおいしい。ものすごく高いけど。

宣伝ではないけど、これはお手本として見ています。

でも、僕の目指す流通はもっと自由で、もっと幅広い選択肢で、もっと幅広い層に届けたい。

金持ち貧乏関係なく。生まれも育ちも関係なく。前科があっても家がなくても。日本に住んでいなくても。日本人じゃなくても。難民でも。差別されてるロマやウイグルやロヒンギャなどの少数民族でも。

安全な野菜は食べたっていいじゃないか。

どうやったらその人まで届けられるのかな。

野菜だけじゃなくてお肉、卵、乳製品、魚介類。

化学物質過敏症の方でも着れるような衣服とか。

HSPの人でも働きやすい職場とか。

マイノリティーの人が立ち上げるプロジェクトの支援とか。

障害者の人が立ち上げるプロジェクトの伴走とか。

技能実習生として来てくれた方が日本に永住するための環境作りとか。

僕の悪い癖ですが、一石四、五鳥くらい狙っちゃうところです。

一歩目をどこにするか。明日の会議で聞いてみよう。


もう応募できなくなっちゃってるんですね。

なんでなんだい?('ω')

ということで、見るだけ見てください。

それで、興味持っていただいた方はFacebookで連絡ください。

始まったばかりですからね。

これは幸せなことですが、参加してくれた方全員素敵な人たちでほっとしてます。

徐々にではあるけど進んでます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事に何かの可能性を感じたら、サポートお願いいたします。 プロジェクトを進めていくときに、まわりまわって社会でつらい思いをしている人が幸せを感じられるように大切に使わせていただきます。

無理しない程度に生きてみたいな。と思っています。
1
TOMOSHIBIでプロジェクトを投稿しています。そちらの進捗状況を中心に、なぜこのプロジェクトを行いたいのかを書いてます。 個人的な夢は、ミカン農家を併設したゲストハウスを作ることです。 ミカンが好きなのと、旅好きは価値観が近いので話すと楽しいというのがあります。

こちらでもピックアップされています

未来の商店街を作る!プロジェクト
未来の商店街を作る!プロジェクト
  • 28本

プロジェクトの進捗やかける思いとか、そのほかのいろんなことを込めて更新していきます!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。