見出し画像

「数学なんて将来使わない」への反論

クルードラゴン飛びましたね!ジョブズみたいにイーロンマスクも映画化してほしいな。


オンライン家庭教師 束進 代表の高山良輔です。


子供と接していて、時々耳にする言葉の一つが「数学なんて将来使わない」です。

私も少年時代はよく思ってました。

「2次関数なんて将来役に立たないだろ!』


今回は、そんなかつての自分に反論してみようと思います。


2次関数は役に立っていない

はっきりいって、「2次関数」とか「平面図形」とか、それぞれの単元が直接なにかの役に立っているかと聞かれれば、そんなことはありません。


いまだに、実生活で「sin cos tan」を使ったことはないです。


ただ、数学という教科は、それぞれの単元だけでなく、問題を解く過程に非常に意味があります。


「問題を解くときの頭の使い方」が役に立つ

数学にも幾つか種類があると思っていて、「参考書の類題」と「初見の問題」の2つに区分することができます。


前者は、反射神経で解ける問題ですね。こちらは、解くのは楽しいですが、役には立ちません。

もっとも役に立つのは、後者、つまり、「初見の問題」です。


初めて見た問題は、「解き方」がパッと浮かびません。考え出す必要があります。


この「初見の問題」を解くときの頭の使い方は、社会で必要とされる「課題解決」に非常に有効です。


問題を見る→答えなければいけないものは何か(目的)→どんな解き方があるか(解決方法)→浮かんだ解き方で試してみる(実験)→最適なものを選ぶ


これって、数学に限らず、他の場面でも使えそうですよね。

「課題解決のための、頭の使い方を練習する」

これが数学の学ぶ意味なのではないでしょうか。



いま、役に立っている

ただ、子供に「課題解決の〜」なんて話をしても聞いてくれないので…

私は、別の伝え方をしています。


数学を、生徒のために、使ってみせます。


例えば、生徒が模試を受けたのなら、

「どの問題を間違えたのか」

「その問題がどれくらいの難易度なのか」

「どの問題が、どれくらいの正答率なのか」

すべてデータにして渡します。


そうすると、生徒は自分でデータを使って、分析してくれます。

生徒自身が、自分の何が課題なのかを把握する。その課題を見て、何をするべきか考える。

これは、まさに「課題解決に向けた頭の使い方」ではないでしょうか。


そして、当然、私も生徒のために頭を使いますが、そのとき数学で培った頭の使い方が役に立っています。

そこで考えたものが、私の生徒対応に反映されるわけですから、結果、「数学の頭の使い方」が生徒の役に立っているのではないでしょうか。


だから、生徒に「数学なんて役に立たない」と言われたら、私は「いま役に立ってるよ!」と言いたいです。(言ったことはありません)


ご購読ありがとうございました。


いやー、生きてるうちに「宇宙旅行」に行きたい!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Je vous remercie!!
10
オンライン家庭教師 束進 代表の高山良輔です。ジャンルを問わず、思ったことを書きます。毎日1時間の自主学習を徹底サポートするオンライン家庭教師 束進のHPはこちら。https://www.katekyo-online-tabashin.com/