新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナによって生まれた新たな宿のカタチ

 屋久島南部のモッチョム岳の麓にある小さな民宿「民宿nicoichi」の都築です。

 連日「新型コロナウィルス」(以下コロナ)の影響により今まで経験した事のないスピードで変化していく生活環境の中で、「コロナから身を守る事」と「収入源を確保し生活を守る事」の両立を模索しています。

 「コロナから身を守る事」と「収入源を確保し生活を守る事」は両立出来ないのか?
 私は「コロナから身を守る」事を考え民宿の営業を当面の間休む事にしました。「身を守る」主語は私の家族であり、お客様でもあります。民宿しか収入源の無い私たちにとって休業する判断は非常に重いものです。
 では「収入源を確保し生活を守る事」は、どうしたら良いのか?お客様の来ない民宿はどうしたら「収入源」を確保出来るのか?

「接触型経営」から「非接触型経営」へのシフト
 ここで重要となるのが、今まで営んでいた「接触型経営」から「非接触型経営」へのシフト変更です。
 ここで「接触型経営」と「非接触型経営」を以下の通り定義します。
・お客様と直接対面し行う経営を「接触型経営」
・お客様と直接的な対面をせずに行う経営を「非接触型経営」 

 現在、コロナの感染拡大を防止する為に外出自粛要請が全都道府県に発令されており、お客様と直接対面する事は自身とお客様とお互いに感染リスクが高まると考えられている為、直接的な対面をせずに行う経営へのシフトが急務だと考えています。
 「非接触型経営」の際たる例であり急騰キーワードが「オンライン」です。「オンライン」で民宿は何が出来るのか?オンラインで出来ることを「今の自分達に出来るか」といった可能性を狭める条件無しで、アイディアを出しました。勿論、物凄いスピードで世に生まれ続けるアイディアも参考にしながらです。すると一つのアイディアに出会いました。

WhyKumano Hostel & Cafe さんの「オンライン宿泊」

 「オンライン宿泊」とは大変面白いアイディアだなと感動しました。気付いたのが遅かったのですが、つい先ほど予約の申込をしました。宿泊できたら良いのですが、連日満室で大盛況のご様子。旅に出たい方々の憩いの場所となっているのだと思います。もし宿泊できた際はレポートさせて頂きます。
 ご興味ある方は下記よりご覧ください。
Facebook: https://www.facebook.com/whykumano/
Instagram:https://www.instagram.com/whykumano/

WhyKumanoさんの「オンライン宿泊」の素晴らしい所
 このアイディアの素晴らしい所を、勝手ながら述べさせて頂きます。
①宿を「寝泊まりする場所」では無く「旅人が集う場所」として認識されていた。
 この認識を持たれていたからこそ「宿泊できない宿」の活かし方に直ぐに着目できたのだと思います。宿は「寝泊まりする場所」である事は間違いないですが、お客様の立場に立った時、意外と「寝泊まり」以外の目的が多く潜んでいます。そしてその目的は「寝泊まり」とは関係がなかったりします。
 例えば「リフレッシュしたい」という目的は「寝泊まり」だけでは達成できないのです。むしろ慣れない場所での「寝泊まり」はリフレッシュどころか疲れてしまうお客様もいらっしゃいます。では「リフレッシュしたい」という目的は宿の外の観光地やアクティビティだけで達成できるのかというと、宿での時間が要となっている事が多いです。
 このように考えると、宿が旅の要となっている「宿での時間」をオンライン上で提供し「寝泊まり」を省く事は、従来ご宿泊頂いていたお客様に提供していたサービスと比べても遜色の無いサービスだと思います。

②「オンライン宿泊」が「現在得られる収入」である事。
 少し分かりにくいかもしれませんが、この苦境を乗り越えるために「どうしたら収入を得られるか」を考え様々なアイディアを参考にさせて頂いているとクラウドファウンディングに似た形で宿泊券を販売しているアイディアを拝見しました。
 「宿泊券=予定未定の宿泊予約券」です。コロナが収束したら「宿泊券」を使って宿泊できます。というサービスです。要するに前売りチケットです。
 このサービスを否定するつもりは一切ありません。むしろ私自身これから売ろうと思っています。しかしながら、この前売りチケットは収入が今であっても、お客様が宿泊された時点の収入はオプション料金だけで、収入としては現在の損失を後ろ倒しにするに過ぎないと考えています。部屋数と宿泊可能日数は決まっている為、前売りチケットは「今を生き延びる延命処置」にしか過ぎず、販売した分実際に宿泊された際に今の損失がやってくるので苦しい財務状況を打開する策としては適さないと考えていました。
 ところが「オンライン宿泊」は宿泊日に収入を得る事が出来ますので、先述した「宿泊券」の収入は実際にお客様がご宿泊される日まで「預かり金」としてプールできるメリットがあります。勿論「オンライン宿泊」の宿泊代は通常の宿泊代金と比べれば安価となりますので経営上では決して楽になるとは思いませんが、今の自分たちの時間に対する収入を得られる事は現状ベストな収支構造だと思います。

 まだ宿泊していないので、実際に体験してみないと分からない事が多くあり学びも多くあると思っています。しかしながら、この「オンライン宿泊」は暫くは続くであろう状況下のみならず今後にも必ず活きてくる素晴らしいサービスだと思います。そして「オンライン宿泊」を実施する宿も増えると思います。

 私たちも「オンライン宿泊」導入を視野に入れながらも、私たちの宿の強みを活かした新たな宿のカタチを提供していこうと思っています。
 次回のnoteでは私たちの新たな取り組みをご紹介出来たらと思います。

==================================================
 最後に新型コロナウィルスの驚異に対して最前線で日々奮闘されている医療従事者とそのご家族、関係者の皆様に心より敬意と感謝を申し上げます。また外出自粛要請期間中にも関わらず私たちの日々の生活を支えるために感染リスクを承知の上で出勤し奮闘されていらっしゃいます全ての皆様にも敬意と感謝を申し上げます。
 地域によって差があるとは言え自宅待機で疲労が溜まっている人も多くいらっしゃると思いますが、未来を信じ今を一緒に耐えましょう。そして明るい未来を私たちの手で作る為にも今自分にできることを精一杯やって、共に笑いましょう!
==================================================
,<屋久島の南部にあるモッチョム岳の麓にある小さな民宿>
民宿nicoichi オーナー:都築岳人
         <当宿の主なサイトのお客様評価>
・じゃらん 5点/5点満点
・楽天 5点/5点満点
・Booking.com 9.4点/10点満点
・Expedia 5点/5点満点
・airbnb 5点/5点満点
・Trip Advisor 5点/5点満点
==================================================


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
世界自然遺産「屋久島」の南部にある民宿nicoichiが考える「おもてなし」は、宿業のみならず様々なサービス業・接客業の方々に共通してお役に立てるものだと思っております。

こちらでもピックアップされています

新しい民宿のカタチ
新しい民宿のカタチ
  • 1本

屋久島の南部にある小さな民宿の成長記録

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。