製作会社でUXの改善サイクルが回しにくい件

どうも、THE GUILDの三古(@t_mifuru)です。
仕事をしながらUXのプロセスを体系的に学んでいるのですが、そのプロセスを知れば知るほど感じることがあります。
それは『UXのプロセスは誰でも学べるが製作会社にいると実践するのが難しい』ということ。

プロトタイプの作成までは仮想のサービスでも流行っているサービスでもできますが、自分のプロダクトを持たない製作会社だと、学んだUXの改善プロセスの結果どれだけのリアクションがあるのかを見ることができません。
実際に改善のプロセスを踏めない場合、製作したプロトタイプが効果があったのか、本当に改善できたのかが見えない。その結果に多くの知見があるはずなので、学びのサイクルも回しにくいことが製作会社で起きていることでもあると考えます。

事業会社でも実践できるとは限らない

かといって「事業会社ならできる」「事業会社でよかった!」と考えるのは早いかもしれません。
事業会社でUXのプロセスを導入するときにはUX以外のことを検討することがあるはずです。

このツイートで記述しているように、多くの人がUXって大事。良い方がいいと考えています。個人個人の考えるUXの定義などはバラバラかもしれませんが、共通認識として持っていることが多いはずです。
でも自分の経験上、そんな環境でもUXの改善プロセスを導入することは困難であることがあります。
大きくまとめて2つの要因があります。

スタートアップのフェーズ
スタートアップの場合、フェーズによってはプロダクトの日々のアップデート、機能追加が最優先であったり、サービスの成長の関係でビジネス要件の施策を進めたりすることが多くなってくると思います。
UXの改善プロセスはデザイナーだけではできず、開発やディレクター、PMやステークホルダーが皆で考えていくことでより良いUXを提供できると考えています。

上記のようなスタートアップのフェーズの中で、UXの改善のプロセスを回すということは開発スピードを落とさざるを得ない場合があります。開発のスピードを落としてでもUXの改善をするという判断は、サービスが成熟していないタイミングではなかなかできることではありません。
売り上げを立てなくてならない。アクティブユーザーを増やさないといけない。サービスを知ってもらあなければならない。そんな色々なビジネス要件をこなしながら、プロダクトを成長させ、かつUXの改善のために払うコストを捻出するリソースがあるスタートアップもそう多くはないでしょう。

チームの士気
それにみんながUX大事だよね。と考えていても自分がそのプロセスを回したいかというと、全員がやりたい!やった方がいい!と考えているわけではありません。

『改善した結果だけ聞きたい人』
『新機能追加などを急いだ方がいいと思う人』
『単純に興味のない人』
など様々な人たちがいる中でいかにして協力してもらうのか。そういったチームビルディングの段階で導入まで至らないケースもあります。

まとめ

製作会社でUXの改善プロセスを回す一番の方法は、一緒にお仕事をしているクライアントさんとチームになることだと思います。

製作会社とクライアントさんとの関係になると、クライアントさんは上記の2つの要因を乗り越えてきている企業さんのことが多いです。お金をかけてお願いしてきているのでモチベーションも高く、協力してサイクルを回ることができます。

こちらがプロセスのノウハウを提供し、クライアントさんに手を動かしてもらう。そのプロセスを回してさらなる改善を行なっていく。そういった関係になることが重要です。

UXを学んでいる身としてこの『UXのプロセスは誰でも学べるが製作会社にいると実践するのが難しい』という問題は引き続き考えていきたいと思っています。
「こうしたら実践できるよ!」というご意見お待ちしています!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけましたらお願いします!書籍の購入や有料サービスのリサーチに使わせていただきます!

嬉しいです!励みになります!ありがとうございます!
43
THE GUILD デザイナー https://mifuru.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。