みふるん

THE GUILD デザイナー デザインとマンガとスニーカーと https://mifuru.com/

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

  • 5892本

若いデザイナーが起業して失敗した話

つい最近まで小さな会社の代表をしていました、大堀です。社名は株式会社DENDESIGNといいまして最大でも5名くらいの小さな制作会社でした。2013年に創業し2021年に会社を畳んで一区切りしたところで、これまでを振り返りつつ経緯と反省点など書いてみようと思います。 なぜ起業したのか独立前の話はこのnoteに詳しいですが 24歳で独立してから売上もたち案件の相談も増えてきたので、25歳の時にアシスタントを雇うタイミングで法人化しました。いわゆるスタートアップのように明確な

スキ
157

文字と文字の纏う空気について考えている

文字置きという仕事 新卒の時に勤めていた会社ではとある企業DMやチラシ、パンフレット・雑誌のページ作成から社内コンペでポスターを製作したりなどいろんなことをやらせてもらっていた。 そんな会社で新卒の際にやっていたこととして「文字置き」がある。 先輩が「文字置きして」というのでずっと文字置きと呼んでいるのだが、実際に何をするかといえば、デザインに取り掛かる前のwordやPDFにまとめられた大量のテキスト、文字情報を画面に配置し、大体のレイアウトを決めるといったワイヤーをひ

スキ
77

進撃のプロダクトマネジメント

僕がサービス開発で意識している心得や考え方をざっと書いてみたので、プロダクトマネジメントの参考になると嬉しいです。 プロダクトマネージャ(PdM)として意識していること先ず実行し、同時に深く考えていく 新しい取り組みの時は、先ず形にして行動しながら考えを深めるを強く意識します。 例えば、新しい機能を検討する時は、先ずデザインを起こし、ユーザーニーズを把握する時はそのデザインを見せながら意見を聞き、手触り感を重視する機能ならモックアップを作って触りながら考えを深めてく事に

スキ
189

Figma でスライドを作る時に知っておくと便利なこと

Figma でスライドを作っている方、増えてきたのではないかと思います。私も最近は Figma で作っています。やはり自由度の高いツールでありながらもコンポーネントなどでスライド共通の装飾なども作れるので生産性も高く気に入っております。 そんな Figma でスライドを作る時にいくつか知っておくといいことを紹介していきます。 プロトタイプで共有よりは SpeakerDeck などのスライド共有サイトを使った方が多分いいなぜかと言うと、Figma のプロトタイプでシェアする

スキ
142

読書メモ

今まで読みっぱなしだった書籍を、さらに理解、消化するために自分の言葉でまとめてみます。 どんどん精度を上げていきたい。

  • 2本

行動経済学まんが ヘンテコノミクス

前回の「予想どおりに不合理」に続いて行動経済学の本を選択。 より明確なイメージで内容を深掘りしたい思っていたところで、マンガで説明しているこの書籍を見つけ手に取ってみた。23ものマンガでいろいろな経済学のテーマを取り上げていて、文章を読むことが苦手でも簡単に行動経済学の入門ができると思う。 人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。すべてのマンガの最後で「人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。」という言葉でまとめられている。実際に「合理的」な選択ができない様子を描いているも

スキ
6

予想どおりに不合理

行動経済学という学問分野から、人間の判断の「不合理」を色々な実験から検証している一冊。 あらゆる状況での選択や行動を15章で紹介していて、実験の説明では「あーこういう選択をするだろうな」と追体験することもできる。 400ページ以上ある文庫本だが、すっと読むことができた。 経済学的「合理的」と行動経済学的「不合理」まずは、経済学の考え方と行動経済学の考え方を見ていく。 ふつうの経済学では、わたしたちが合理的であると考える。つまり、決断に役立つ情報をすべて知っていて、目

スキ
6