みふるん

THE GUILD デザイナー デザインとマンガとスニーカーと https://mifuru.com/

みふるん

THE GUILD デザイナー デザインとマンガとスニーカーと https://mifuru.com/

    マガジン

    • #デザイン 記事まとめ

      • 6,387本

      デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

    • 読書メモ

      今まで読みっぱなしだった書籍を、さらに理解、消化するために自分の言葉でまとめてみます。 どんどん精度を上げていきたい。

    #デザイン 記事まとめ

    デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

    すべて見る
    • 6,387本

    デザイン思考とコンセプト実証について

    -デザイン思考と品の関係について - コンセプト実証とは?デザイン思考に限らず、 何かの開発を行うとき、 ユーザー調査から、 ニーズとユーザー層をつかみ、 そこからコンセプトを立てていきます。 このコンセプトを出してから、 そのコンセプトを仮説として、 検証することは その先に進む上で非常に重要だと考えています。 デザイン思考を適用する 前回もこのコンセプトの仮説検証に デザイン思考の手法を用いることは 親和性が高いと考えています。 デザイン思考は、 試行錯誤しながら進

    スキ
    53

    JAGDA新人賞への道。 [前編]

    はじめに「JAGDA新人賞を本気で獲りにいく」。 自分の中でのテーマを決めて取り組んだ3年間だった。 1年目 → 入賞は多数あれど、最終ノミネートに残らず 2年目 → 最終ノミネートに残るも、JAGDA新人賞 受賞はならず 3年目 → 前年同様に最終に残るも、JAGDA新人賞 受賞はならず 惜しいところまではいったものの、JAGDA新人賞を獲ることはできませんでした。 この業界には天才と思えるような神がかった感性を持つデザイナーがいて、歴代の新人賞受賞者の中にもそういう

    スキ
    88

    荒木哲郎監督トークセッション JBN×エル

    1月19日。長野を拠点とする制作会社、JBNさんと弊社での合同イベント『荒木哲郎監督とのトークセッション』が開催されました。 開催のきっかけは、さかのぼること約5年前。当時から、『進撃の巨人』の大ファンだったハラさん。その話をJBN坂田さんにしたところ、坂田さんと荒木監督は、大学時代からの友人関係だったことが判明。すごい繋がり…! そこから開催に至るまでの経路は、こちらの記事でご覧ください。 本当は昨年の11月に開催予定だったのですが、コロナの影響で延期に…年をまたいでつ

    スキ
    41

    まんがタイムきららの「写植」を読む――吹き出しにみる漫画書体の使い分け

    ご無沙汰しています。前記事から 3 年ぶりに note を更新しました。本稿では、芳文社の発行する「まんがタイムきらら」やその姉妹誌に掲載された作品の写植(吹き出し)に注目し、使用されている書体や、その書体が読者に与える印象に関して考察を行います。 「ぼっち・ざ・ろっく!」観てますか??アニメを観てから完全に難民になってしまったので、原作を無限に読んでいます。アニメよりもテンポが早く、4 コマの起承転結を通じて 1 つのストーリーが構成されている点が(ぼざろに限った話ではな

    スキ
    154

    読書メモ

    今まで読みっぱなしだった書籍を、さらに理解、消化するために自分の言葉でまとめてみます。 どんどん精度を上げていきたい。

    すべて見る
    • 2本

    行動経済学まんが ヘンテコノミクス

    前回の「予想どおりに不合理」に続いて行動経済学の本を選択。 より明確なイメージで内容を深掘りしたい思っていたところで、マンガで説明しているこの書籍を見つけ手に取ってみた。23ものマンガでいろいろな経済学のテーマを取り上げていて、文章を読むことが苦手でも簡単に行動経済学の入門ができると思う。 人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。すべてのマンガの最後で「人間とは、かくもヘンテコな生きものなり。」という言葉でまとめられている。実際に「合理的」な選択ができない様子を描いているも

    スキ
    6

    予想どおりに不合理

    行動経済学という学問分野から、人間の判断の「不合理」を色々な実験から検証している一冊。 あらゆる状況での選択や行動を15章で紹介していて、実験の説明では「あーこういう選択をするだろうな」と追体験することもできる。 400ページ以上ある文庫本だが、すっと読むことができた。 経済学的「合理的」と行動経済学的「不合理」まずは、経済学の考え方と行動経済学の考え方を見ていく。 ふつうの経済学では、わたしたちが合理的であると考える。つまり、決断に役立つ情報をすべて知っていて、目

    スキ
    6