見出し画像

“これからの編集者”を考える––– オウンドメディア「ブーム」終焉と、編集者たちの「その後」のキャリア イベレポ(メモ) #inquire_event

FastGrowというメディアのコンテンツ制作で、私が所属しているモメンタム・ホースとタッグを組んでいるインクワイアさんのイベント

オウンドメディア「ブーム」終焉と、編集者たちの「その後」のキャリア

にお邪魔してきました。

イベントの概要は以下の通りです。

企業が主体となって運営する「オウンドメディア」の立ち上げがここ数年活況を呈していましたが、2018年末〜2019年にかけて、オウンドメディア閉鎖のニュースを目にすることも増えてきました。中には、そのコンテンツの質の高さから多くのファンを獲得していたり、誰もがよく知る有名企業によるオウンドメディアの名も散見され、潮目の変化を感じます。

オウンドメディアは、それぞれの目的に応じて、プラットフォームの選定やコンテンツの方針、運用体制、目標管理などを行っていく必要があります。社内外から情報発信を担当する編集者は、目的を整理した上で、メディアの設計をしなければいけません。

企業が運営するメディアである以上、オウンドメディア運営が持続するためには、投じられたコストに見合うだけの成果が問われます。企業の担当者、パートナーとして伴走した制作会社や、プロジェクトにかかわるフリーランスのライター・編集者・デザイナー等、少なくない人数とコストを必要とするオウンドメディアに対して、ある種の「ブーム」が去ったこれからは、「評価」の目も次第に厳しくなっていくでしょう。

一方で社会における「メディア」の役割を考えると、情報空間における知の媒介者として、読者が必要とする情報を届け続けること、読者の知る権利が損なわれないように、メディアとコンテンツを持続させていくことの責任は、決して小さくないと言えます。

良質なコンテンツを作り、届けるとともに、企業経営上の目的にも合致する成果を出し続けること。メディアの立ち上げからチーム運営の過程で、企業と制作チームが同じ目標に向かって対話し、議論し、協働し、予算や成果に対しての共通認識を持つためのコミュニケーションを仲介すること。
これからのメディア・コンテンツ領域には、コンテンツの企画・制作に留まらず、メディアの持続可能性に対して責任を持ち、企業と共に戦略づくりやプロジェクトマネジメントを担えるような「新しい編集者」が求められているのかもしれません。

今回のイベントでは、狭義のコンテンツ「編集」の枠を越えて、オウンドメディアの立ち上げや運営、マネタイズやプロジェクトマネジメントに携わってきたゲストと共に、編集者たちの「その後」のキャリアについて考えます。

日頃一人の駆け出しライター・編集者としてオウンドメディアの制作に携わる人間として、“オウンドメディアと編集者の行く末”は、常に無視できないテーマの一つです。

以下、イベント中に思ったことをメモ程度ですが、少しまとめました。

登壇者

モリジュンヤさん

株式会社インクワイア代表取締役 / UNLEASH編集長。1987年岐阜県生まれ。2010年より『greenz.jp』にて編集を務める。フリーランスとして独立後、『THE BRIDGE』などの編集を経験。2015年にinquireを創業。NPO法人soar副代表 / IDENTITY共同創業者 / FastGrow CCO など。

鈴木悠平さん

文筆家/インターミディエイター®
株式会社LITALICO社長室チーフエディター, NPO法人soar理事
1987年生まれ。東日本大震災後、宮城県石巻市・牡鹿半島にて、震災にて仕事を失った漁村の女性たちとともに手仕事事業の立ち上げに関わる。アメリカ・コロンビア大学公衆衛生大学院修士課程修了後、2014年に株式会社LITALICOに入社。発達が気になる子どもたちの学習支援教室勤務後、同社の新規領域であるインターネットプラットフォームの立ち上げに関わる。ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」・「LITALICO仕事ナビ」の編集長としてのメディア立ち上げ〜企業タイアップ等でのマネタイズを一貫して担当。現在は社長室にてコーポレート関連の企画・編集・研究を担当。NPO法人soar理事や、株式会社インクワイアの外部パートナー等、「ことばと組織と文化」にまつわるさまざまなプロジェクトにも参画中。

寺倉そめひこさん

1987年、京都生まれ。藍染職人から2013年株式会社LIGに入社。同社でメディア事業部部長、人事部長を経て、2015年9月からは執行役員を務める。2016年3月にデジタルマーケティングファーム『MOLTS』を設立し、独立。オウンドメディアを軸に累計30社以上の事業成長に貢献し、『フミナーズ(現在閉鎖)』『男の隠れ家デジタル』『MOREWORKS』他、複数の事業構築に関わる。

まずはジュンヤさんのオウンドメディアに関するお話から始まりました。

オウンドメディアはどんなときにクローズするか

・立ち上げた時の目標を達成できたとき
・SEOなどの環境変化が起きたとき
・採算が合わない
・会社の戦略が変わる
・パッションを持った担当者が変わる など

オウンドメディアが価値を発揮するにはどうすればいい?

・目的と戦略、コンテンツに一貫性を持たせる
・継続可能性をつくる
・採算が合うようにする
└最初から予算かけすぎると運営の体力が難しくなる
・チームビルディング

一口にオウンドメディアといっても種類がある

編集者の価値をあげるには

・組織や事業貢献への証明
・経営レイヤーにコミット
・インハウスエディターの増加
・職域を拡張する
・ナレッジの蓄積と共有

職域の拡張については、ジュンヤさんがこんなnoteを書かれていたことをふと思い出しました。

また「インハウスのライター・編集者」関連では、メルカリのコピーライターについても書かれていたなと思い出しました。

どちらも「ライター・編集者が領域をまたいで活躍するにはどうすれば良いのか」を考えるときに参考にしたい、永久保存版です。

このパートのなかでジュンヤさんがオススメしていた書籍がこちら。

パネルディスカッション(一部抜粋)

だいたいこんなテーマでお話は進んでいきました。

“ブーム”を巡る言動と実態

モリ:目的を整理しきれないまま始めて「やっぱり違うかも」という形で閉じられてしまう。その波が何度も続くと、ブームが去って、また来て去ってという印象を与えてしまう。

通知を取るためのハックが盛り上がったタイミングだと、オウンドメディアが“とりあえずやっておこう”でできやすい。たとえば、2013-14年あたりにSEOが盛り上がった時にも、オウンドメディアが一気に増えた。そういったハックのブームに合わせて、オウンドメディアも盛り上がったり、落ち着いたりしている傾向はある。

これからの編集者・ライター

鈴木:編集者として、メディアをつくる企業のところに戦略から入っていく立場と、出来上がった案件を受ける立場がある。編集者がキャリアを考えるうえで、どういった立場からコミットできるようになるのが良いのか。

モリ:事業や組織に貢献することができると、一気に可能性は広がる。そのためには、編集者としてスコープを広げていく必要がある。カルチャーや経営課題までを汲み取ったうえで「こういうメディアをつくるといいかも」を提案できる、考えられる、そういう編集者を目指すといいかもしれない。

加えて、事業貢献だけでなく、ナレッジシェアや社内コミュニケーションなど、副次的な効果にまで考えを巡らせ提案できる編集者になれると幅が広がる。

ただやりすぎるとフルスタック編集者みたいになって、それはそれで大変。自分の強みを見つけて、専門性を磨いていくことも必要。

そめひこ:ライターさんで「納品して終わり」という人がいたりする。作った後にどういうコミュニケーションが生まれたか、どういう価値をもたらしたのかまで追うライターさんは意外と少ない。つくった後を振り返るという意味でも、デジタルマーケティングもその一つだが、編集者が職域を広げていく意義は大きい。数字も含めて、しっかり振り返りできていないと、例えば不景気が来たときにやる意味なんだっけ?に陥りやすい

鈴木:たしかに、食い気味に反響まで聞いてくれるライターさんとは続けて仕事したいなとなる。

鈴木:ライター・編集者が成長していくためにどういう機会を作っていくのが良いと思うか。

そめひこ:なんとなくPV取れましたではなく、常に何のためにあるか、本質的な価値を考えて動けるような場をつくりたいと常に考えている。数字で縛らない場所をつくるのが、成長を促すきっかけになる。

モリ:企業がやりたいことと、ユーザーが求めていることの架け橋にどうやってなるのか。顧客と企業の関係性を点から線にしていくため、継続的な関係性を築く役割を担えるのが編集者

企業のアイデンティティーを言葉に落とし込んでいく作業は、実は大変なので、ヒアリングしながら編んでいくというのは、普通はコピーライターの仕事かもしれない。でも、自分たちがやっていることの抽象度を上げていくと、他の職業の人がやっていることとの接続が見えてくるし、編集者としてできることの発想も広がる

難しいのは、編集者の仕事は定量的に評価しづらいところ。「費用対効果どれくらいなんだ」ということを、ビジネスとしてやっていく以上は向き合わないといけない。あえて計算するとどうなのかの「数字の置き換え」をするという発想は大事。

あと、いい編集者はどうやったら育つかはいつも考えている。属人的な運ゲーではない、編集者を育てるためのスタンダードがまとまっていないことは課題。何らかのかたちでまとめていきたいと考えている。

そめひこ:編集者の仕事は、実は指標定義が定まっていないところも多く、まだ定義されていない部分を、自分で定義していくことが必要とされるかもしれない。

鈴木:たしかに僕もそうですが、数字が得意ではない編集者の方もいる。そういう時は言葉を媒介する。つまり「これって数字でいうとどうなんだっけ」「定義するとどうなんだっけ」という問いを立てる。問い立ては編集者がむしろ得意にすることだと思うので、うまく問いを立てて、編集者としての職域を広げていけると良い。

Q メディアとコミュニティについて、どれだけトラフィックを集めてもデジタルメディアにファンや読者がつきにくい。人が定着しているのはプラットフォームであって、それはつまり検索やSNS経由であるということに感じる。

モリ:「定量的にボリュームを大きくする」というのは難しくなっている。ただニッチというか、コンセプトを明確にすることで価値を発揮し、ファンをつくることができるメディアやコミュニティもあると思う。

soarが定量的にどう評価できるかは難しいけれど、年間で1000人がイベントに来てくださるようなメディアにはなった。

FastGrowもCxO人材と言えるようなかなりバーティカルな領域に対して訴求できている。

発想的には雑誌。インターネットのメディアはテレビや新聞的に、かなりマスに訴えるのが主流だったが、雑誌的に「この人に刺さればいい」という作り方はもっとされていっていい。雑誌は「これ誰が読むの?」みたいなかなりニッチなものがあるけれど、そういったコミュニティの作り方はインターネットでもできるはず。

そめひこ:毎回トップページに来るようなファンではなく、SNSなどから流れて来るファンが多い。FastGrowや新R25がSNSで流れて来たらつい読んでしまう。それはコンテンツ一つひとつが作り込まれているから。メディアそのものにつけるだけではない、様々なファンの作り方があると思う。

鈴木:バズったけど閉じてしまったなというメディアでも、届く人には届いている。目的を限定すれば、バズった以外の費用対効果を考えられるはず。

最後は質疑応答の時間などもあり、イベントはかなり盛り上がっていました。

メモ的なものをほぼそのまま公開しただけなので、かなりお見苦しいかつ部分的なレポートかなと思いつつ、速報的にポストしました。読んでくださり、ありがとうございました。

おそらく、よりまとまった詳細なイベレポが後日出ると思うので、きになる方はぜひそちらもチェックしてみてください。

また、以下のハッシュグタグを追ってみても、当日の雰囲気や様子がわかるかもしれません。

第2弾では、サイボウズ式編集長の藤村さんとメルカンのさいまるさんがいらっしゃるようです。どちらも素晴らしいオウンドメディアなので、楽しみです!

(了)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

🍻
42
㍿モメンタム・ホースでCorporate Planner・Directorをしている大卒1年目/創業2年目のスタートアップでの学びや記録を書いています/協働の促進でライター・編集者の組織を開発し、ミッション達成をサポートする/早稲田文学部卒/フリーランス/a.k.a.ハッスル
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。