見出し画像

申請書類:収支予算表の書き方

対象:放課後等デイサービス、児童発達支援、その他障害福祉サービス(就労系)
ダウンロード:弊所がコンサルティングに使用している収支予算書を添付します
作成が望ましいタイミング:物件および職員が具体的に決まった時点
購入者様限定:本書類の作成フォローを、1時間無料で行います(その他申請、開業に向けた相談でも構いません。本件に関して1時間で終わらない事項がある場合は、後日メール、電話等による回答を差し上げます)

※指定自治体の実書類をもとに、作成のお手伝いをすることもできます
※指定申請を依頼するまでもないけど、収支予算書の作成だけ手伝ってほしい、などのように、うまく弊所を活用いただけたら幸いです。


事前相談において「書き方が分からないから教えてほしい」と言われがちな書類です。

それでは本題に移ります。収支予算書を作成するための基本的な流れは

1.見込み人件費額を設定する

2.その他経費計画を立てる

3.売上予測を立てる

の3工程です。

万が一事業者ハンドブックを購入していない場合は計画の立てようがありません。せめて指定基準編、報酬体系編だけで良いので購入してください。


細かな自治体だと、きちんと雇用契約書と収支予算書の人件費の整合性がとれているか、確認を求めるところもあります。

まだの場合は、人件費のイメージを掴むためにも、まず先にシフト表を作成することをお薦めします。

シフト表の作成については、以下の記事をご参考ください。


以下、ダウンロードデータとデータの解説です。

この続きをみるには

この続き: 2,789文字

申請書類:収支予算表の書き方

ヨシカワ

1,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

より良い事業の在り方を探求すべく、好き勝手書いております。もしも好い反応があると、更新の励みになります。。!

中吉
1
行政書士のヨシカワといいます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。