見出し画像

ウツボを釣った夏について

 僕の会社が潰れた。

 事業というのは始めるのこそ簡単だけれど、法人を構えて従業員を何人も使ってとなればその終わりはとてもめんどうくさい。でも、この「終わらせるのがめんどうくさい」ことはある種、人間を救う効果がある。というのも事業の片づけが終わるまでは死ねない、そんな心理が働くことになるから。


 さて、そんなわけで長い長い撤退戦が終わって、僕は完全なる無職になった。正確に言えば、大借金を抱えた無職だ。ほそぼそとした仕事を除けば何のあてもない日々がやってきた。もちろん、僕としてもとても働いて借金を返すことは出来ないにせよ、すぐに働こうと思っていた。でも、動けなかった。身体も心も限界だった。そんなわけで、数か月完全に眠って暮らした。

この続きをみるには

この続き: 3,118文字
記事を購入する

ウツボを釣った夏について

借金玉

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
91
発達障害があり、そういう文章を書いたりそれ以外を書いたりして暮らしている人です。 ここではどこにも行き場のない話、日常雑記などを書いていきます。 楽しんでもらえたら、とてもうれしいです。 www.amazon.co.jp/dp/4046020768 こんな本書きました

こちらでもピックアップされています

玉雑記
玉雑記
  • ¥500 / 月

あまり多くの人に向けては書きたくないこと、表に出なかった商業原稿、最近の雑記など月2回~更新します。色々あって、ツイッターが本音を言う場所ではなくなったので、こちらでやろうと思います。ご興味あれば、是非。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。