女性スペースを守る会
鉄道会社へアンケート
見出し画像

鉄道会社へアンケート

女性スペースを守る会

⭕️以下の鉄道会社へ、当会の資料とアンケートを送付しました。

東日本旅客鉄道株式会社/東海旅客鉄道株式会社本社/西日本旅客鉄道株式会社/東武鉄道株式会社/東急電鉄株式会社/小田急電鉄株式会社/東京地下鉄株式会社/近鉄グループホールディングス株式会社

⭕️ご挨拶

(抜粋:全文は下記にPDFを添付)

私たちは今、「公衆のための女子トイレは女性が入りやすいものになっているか」「これからどうなるか」と、極めて深く心配しております。鉄道の駅はまさに代表的な不特定多数が使うトイレであり、その女子トイレでの安心、安全を願っています。
つきましては、下記のとおり要請し、また問い合わせ申し上げます。


⭕️趣旨

1
:女性トイレにつき、「女性専用です。」などと明示して下さい。

2:新設・改造の際、全てを男女共用トイレとすることなどせず、女性トイレを維持して下さい。

3:新幹線や寝台列車の車両内のトイレにつき、女性トイレを用意して下さい。

4:新築・改造などするのであれば、いわゆる性別不合(性同一性障害)ある方もトイレを利用しやすいものとすべきですが、女性トイレはそのまま維持したうえで、男女共用トイレを作る、男性トイレを改造し表示を共用トイレとするなどの工夫として下さい。

5:いわゆる LGBT法・理解増進法につき、女性スペースの安心安全という女性の権利法益を守るよう、貴社やその属する諸団体、また人脈など利用されて、各政党、各議員あてにご要請下さい。

⭕️アンケート

画像1

⭕️回答

・東急電鉄株式会社
❶ バリアフリー整備ガイドラインに準じた表示としている
❷ 検討しない
❸ その予定はない
❹ 縮小もあり得る。利用状況により器具数や広さの配置計画をしている
❺ バリアフリー整備ガイドラインに準じた整備をしている
❻ 当社該当なし

・東武鉄道株式会社
❶ バリアフリー関連法令等に基づき整備する
❷ 法令等が整備された場合検討する
❸ バリアフリー関連法令等に基づき整備する
❹ 今後のお客様の乗降者数やバリアフリー関連法令等に基づき整備する
❺ バリアフリー関連法令等に基づき整備する
❻ (弊社対象車両なし)

・小田急電鉄株式会社
❶ バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編に基づき整備
❷ バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編に基づき整備
❸ その予定はない。バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編に基づき整備
❹ トイレの大きさは利用状況や工事上の条件等を考慮して整備。バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編に基づき整備。
❺ バリアフリー整備ガイドライン旅客施設編に基づき整備
❻ 設置してあり、廃止計画はない。※在来特急として回答

・東京地下鉄株式会社
❶ バリアフリー整備ガイドラインに準じた表示としている。
❷ バリアフリー整備ガイドラインに基づき整備検討する。
❸ バリアフリー整備ガイドラインに基づき整備検討する。
❹ 利用状況に応じ、構造上問題ない範囲で バリアフリー整備ガイドラインに基づき計画予定。
❺ バリアフリー整備ガイドラインに基づき整備検討する。
❻ 該当なし

⭕️ご挨拶全文

⭕️女性スペースを守る会


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
女性スペースを守る会
🏠トップページへ戻る→ https://womens-space.jp/