スラップに関する妄想

いま椅子に座って、手とか手首とか肘とか肩甲骨とか鎖骨とかを動かして遊んでいたんですけどね。腕をぶら〜〜んとした状態から肘を前に曲げて、手のひらを上に向けると、まあ普通に上に向けられるんだけど、お腹の前にそのまま手を持ってくると、上に向けているのがちょっと窮屈になってくるんですよ。なぜかっていうと、お腹の前に手のひらを持ってくるためには、上腕が肩の関節で動いて前に出て角度がついて、それにともなって、手のひらの角度も本来はお腹の方に向くはずのところを、それをカバーするようによりいっそう上に向ける力をつかうからなんですけど・・・・・・・・

で、お腹の前でその手のひらを上に向ける筋肉の張りを前腕に感じると、手のひらをくるんと、下に向けたくなります。上に向ける動きよりも、下に向ける動きの方が楽で早い感じがします。

4弦にふれている親指(手のひら下向き)が、くるっと離れて(手のひら上向き方向)すぐに戻ってくるというイメージにして叩いてみるとなんか良い音でそうです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エレキベース コントラバス 編曲 採譜 写譜 楽譜の作成 ベースレッスンBodychance音楽プロコーストレーニー フリーランス ベーシストアレクサンダーテクニークAT的に気がついたことつぶやきます。勘違いもします。三原綱木とザ・ニューブリード

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。