ハンターキラー 潜航せよ

B級映画の示準化石、ジェラルド・バトラー主演! 映像がぼんやりしててもOKでCG制作も楽勝の潜水艦もの! 各種映画評の内容から算出される数値Tomato Meterで驚異の低評価 36%!
ということで全く期待してなかったんですが、思ったよりスケールが大きなお話で面白かった。

結局、当然のように海外市場でも大コケしましたが、ジェラルド・バトラーがスコットランド人でプロデューサーもやってて、作品単体の為に設立される制作会社Hunter Killer Productionsもイギリスの会社。プロデューサー/主演がUK出身かつ、米軍の話なのにロケ地もイギリスかつ、VFXの会社も一部イギリスだし、イギリスを中心にいっぱい映画製作の補助金を貰えたんだろうと思われます。

いやな予感がして、ジェラルド・バトラーの新作制作情報をみたんです。地球温暖化パニックものとか、ディストピア・アクションアドベンチャーとか犯罪ものとかのジャンルものばっかりで、全部プロデューサーもやってる。補助金掃除機というかB級映画マシンというか、これはこれで、楽しそうでいいな、と思いましたけれども。

#映画 #note映画部

Think
7
すずきちです。   ①今のところ全部無料なので「もっとみる」の空振なし。  ②「スキ」のお返事はフォーチュンクッキー風。 ③noteの文章って、身の上話が多い。なるべくそうならないようにしたいと思っていますけれども。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。