遅めの反抗期

反抗期がなかった私は、遅めの反抗期を過ごしている。自分の型をつくりながら生きてきたつもりが、両親の型を生きてきたようだ。両親(にとっていい子ででありたい)の型で生きてきた私が、夫(夫にとっていい妻でありたい)の型で生きていこうとしていたことを、夫に気付かされた。両親にとっての理想像と夫にとっての理想像はちがった。その違いのなかで結婚から1年半もがいていたようだ。夫は言った。

ちほちゃんは、ちほちゃんなんだから、自分以外の人の中で生きようとするなと。ありのままのちほちゃんを生きたら良い。

ありのままでいるつもりだった。

でも、自分を押し殺して、他人の中で生きていたんだと、気付かされた。

再スタート。ここからが、私のスタートなのかもしれない。自分が喜ぶことを、自分が良いと思う事業を、家族や仲間と一緒に作り上げよう。自分を生きて。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

こころがあったまるっ♡
4
うつ病+顔面麻痺で絶賛休養中。もっと自分に優しく人に優しく心を楽に生きていきたい。どんくさいけど、真面目に生きてます。 農業+YouTubeしてます。 https://youtu.be/KBwxXu17I7A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。